映画
カリーナ、恋人の妹

カリーナ、恋人の妹

1/9(木)深夜2:45

1/20(月)深夜3:15

行き場のない閉塞的な社会に不安やいら立ちを覚え、孤独や虚無感を心の内に抱えながらセックスやドラッグで気を紛らわす、今日の若者たちの姿を描いたロシア製青春ドラマ。

1992年にモスクワで生まれ、子どもの頃からミュージカルや舞台、TV、映画などで俳優として活躍していたA・ゴーチリンが、本作で待望の長編劇映画監督デビュー。現代のモスクワに生きる若者たちが、行き場のない閉塞的な社会に不安やいら立ちを覚え、孤独や虚無感を心の内に抱えながら懸命に日々を生きようとする姿を、赤裸々な性描写も交えて、痛切なタッチで活写。第29回ソチ・オープン・ロシア映画祭で新人監督賞を受賞し、第69回ベルリン国際映画祭にも出品上映されて、国内外で高い評価と支持を得た。

My番組登録者数
  • 201
カリーナ、恋人の妹

行き場のない閉塞的な社会に不安やいら立ちを覚え、孤独や虚無感を心の内に抱えながらセックスやドラッグで気を紛らわす、今日の若者たちの姿を描いたロシア製青春ドラマ。

パーティーに参加すべくアパートの一室にやってきた青年のサーシャとピートは、ドラッグですっかりハイになり、真っ裸になった友人のワーニャの姿を発見。バルコニーから身を乗り出すワーニャを見たピートが、「飛びたきゃ飛べよ」とけしかけると、ワーニャはそのまま下に飛び降りて死んでしまう。それにショックを受けたピートは、自ら酸を飲んで声を失い、一方、サーシャも孤独や虚無感を抱えながら、無為な日々を送るはめに。

作品データ

  • 原題/Kislota
  • 制作年/2018
  • 制作国/ロシア
  • 内容時間(字幕版)/98分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
サーシャ フィリップ・アヴデエフ
ピート アレクサンドル・クズネツォフ
ヴィカ アリナ・シェフツォヴォ
カリーナ ソフィア・シニツィナ
ワーニャ アレクサンドル・ゴーチリン

スタッフ

  • 監督
    アレクサンドル・ゴーチリン
  • 製作
    サビーナ・エレミーヴァ
  • 脚本
    ヴァレリー・ペチェイキン
  • 撮影
    クセニヤ・セレダ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの