映画
オーシャンズ8

オーシャンズ8

6/24(月)午後4:45

7/14(日)よる6:35

S・ブロックら豪華女優陣が共演し、新たな犯罪ドリームチームを演じたクライムアクション。伝説の男の妹が仕掛けるのは、大胆不敵なダイヤのネックレスの強奪劇だが……。

大ヒットした「オーシャンズ」シリーズの女性版として、「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」のG・ロス監督が再起動。これまでジョージ・クルーニーが演じたダニーの妹デビーとして登場するブロックをメインに、C・ブランシェット、H・B=カーター、S・ポールソン、リアーナといった豪華演技陣が女性版の犯罪ドリームチームを演じ、各キャラが得意分野を生かしたテクニックを披露。計画が実行されるプロセスのテンポのよさに思わずニヤリとさせられる上、終盤の二転三転する展開にびっくりさせられる。

My番組登録者数
  • 541
オーシャンズ8

S・ブロックら豪華女優陣が共演し、新たな犯罪ドリームチームを演じたクライムアクション。伝説の男の妹が仕掛けるのは、大胆不敵なダイヤのネックレスの強奪劇だが……。

5年の刑期を経て、大泥棒ダニー・オーシャンの妹デビーは仮出所する。彼女は出所早々、刑務所の中で考えた計画を実行するべく動き始める。その計画とは、世界最大のファッションの祭典“メットガラ”で女優ダフネが身に付ける1億5000万ドルのダイヤのネックレスを盗み出すこと。デビーは右腕だったルー、盗品ディーラーのタミーなど、名うてのテクニシャンを集めるが、彼女たちの前に厳重な警備システムが立ちはだかり……。

作品データ

  • 原題/Ocean's 8
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/111分
  • 内容時間(吹替版)/111分
  • ジャンル/コメディ・アクション/冒険

出演

役名 役者名
デビー・オーシャン サンドラ・ブロック
ルー・ミラー ケイト・ブランシェット
ダフネ・クルーガー アン・ハサウェイ
アミータ ミンディ・カリング
タミー サラ・ポールソン
コンスタンス オークワフィナ
ナインボール リアーナ
ローズ ヘレナ・ボナム=カーター

スタッフ

  • 監督
    ゲイリー・ロス
  • 製作
    スティーヴン・ソダーバーグ
  • 製作
    スーザン・イーキンス
  • 脚本
    ゲイリー・ロス
  • 脚本
    オリヴィア・ミルチ
  • 撮影
    アイジル・ブリルド
  • 音楽
    ダニエル・ペンバートン

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ネタバレゴージャスでテンポが良くポジティブな感覚で楽しめます。

    • ★★★★★
    • j05*******
    • 2019/05/29 00:46

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 女性のみで行う必然性が感じられない。

    • ★★☆☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/05/13 23:31

    近年のハリウッド映画界が人種差別、女性蔑視、セクハラに神経質になりすぎ、内容上、脚本上の必然性もなく、無理矢理「黒人」や「アジア人」を主要キャスト選ばれ、違和感 続きを読む

  • 痛快&眼福

    • ★★★★★
    • ミーケン
    • 2019/05/05 11:24

    オーシャンズ11シリーズでは添え物扱いだった女性をメインに大胆不敵犯行を繰り広げる痛快作。「女性の、女性による、女性のため」の作品とも言える。もちろん男性が見て 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの