映画
累-かさね-

累-かさね-

7/25(木)よる7:00

8/3(土)午前10:00

2大人気若手女優、土屋太鳳と芳根京子が火花を散らす話題の愛憎劇。恵まれた美しさを持つ女優と母譲りの天才的演技力を持つ女性、2人の欲望と嫉妬の物語が幕を開ける。

「まれ」の土屋、「べっぴんさん」の芳根という、いずれも連続テレビ小説の主役を務めた女優のダブル主演で、松浦だるまのコミックを実写映画化。キスをするとお互いの顔が入れ替わるという役柄の土屋と芳根は、お互いの芝居についてメモを交換し合い、複雑な役柄を2人で作り上げた。そんな彼女たちの鬼気迫る演技対決は見応え十分。さらに、劇中では2つの舞台劇、「かもめ」と「サロメ」が演じられ、それぞれのバックステージが描かれるほか、実際に舞台で活躍する俳優たちが顔を見せているのも興味深い。

My番組登録者数
  • 573
累-かさね-

2大人気若手女優、土屋太鳳と芳根京子が火花を散らす話題の愛憎劇。恵まれた美しさを持つ女優と母譲りの天才的演技力を持つ女性、2人の欲望と嫉妬の物語が幕を開ける。

今は亡き伝説の女優、淵透世を母親に持ち、天才的演技力がありながら幼いころから自分の容姿に劣等感を抱いてきた累。そんな彼女の前に母親のことを知る元舞台演出家の羽生田が現われる。累は羽生田の紹介で舞台女優ニナと会うが、ニナは美しい容姿に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。羽生田の提案で、2人は累の母親が残した、キスした相手の顔を奪えるという謎の口紅を使い、互いに顔を入れ替える決断をするが……。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/112分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
丹沢ニナ 土屋太鳳
淵累 芳根京子
烏合零太 横山裕
淵峰世 筒井真理子
丹沢紡美 生田智子
富士原佳雄 村井國夫
淵透世 檀れい
羽生田釿互 浅野忠信

スタッフ

  • 監督
    佐藤祐市
  • 脚本
    黒岩勉
  • 撮影
    谷川創平
  • 音楽
    菅野祐悟

関連特集

真夏の邦画月間 全40作品一挙放送

7月まるまる使ってお届けする邦画の大特集

夏休みメガヒットスペシャル[邦画編]

感動作からアニメまで邦画ヒット作が大集合

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • さすがの佐藤祐市監督作品。

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/06/02 21:08

    「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督版とその他監督版の大きな差を感じる今日この頃。
    この映画のカメラワーク、角度、高さ、画のレイアウト。
    ホントに魅力的で見せ方
    続きを読む

  • 原作がそうなのか?脚本がそうなのか?

    • ★★★☆☆
    • ノストラダムス1999
    • 2019/05/28 22:25

    いつも胡散臭い浅野忠信マネージャーがいい味出している。
    前半はバレルか?ばれないのか?今はカサネなのか?ニナなのか?ドキドキだったが、後半が「失神して」数か月経
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

真夏の邦画月間 全40作品一挙放送

7月まるまる使ってお届けする邦画の大特集

夏休みメガヒットスペシャル[邦画編]

感動作からアニメまで邦画ヒット作が大集合

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの