{"prg_cd":"104436"}
{"prg_cd":"113202"}
{"prg_cd":"114873"}
{"prg_cd":"115122"}
{"prg_cd":"114375"}
{"prg_cd":"114708"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"115121"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"115201"}
{"prg_cd":"115225"}
{"prg_cd":"115085"}
{"prg_cd":"114987"}
{"prg_cd":"115224"}
{"prg_cd":"114917"}
{"prg_cd":"111499"}
{"prg_cd":"112333"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"114916"}
{"prg_cd":"114924"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114480"}
{"prg_cd":"115137"}
{"prg_cd":"115051"}
{"prg_cd":"114372"}

ステージ
英国ロイヤル・バレエ団「ラプソディ&二羽の鳩」

英国ロイヤル・バレエ団「ラプソディ&二羽の鳩」
現在、放送予定はありません。

英国ロイヤル・バレエ団ならではの定番演目、巨匠フレデリック・アシュトン振り付けによるラフマニノフの名曲に乗せた「ラプソディ」と人気作の「二羽の鳩」を放送。

My番組登録者数
  • 0
英国ロイヤル・バレエ団「ラプソディ&二羽の鳩」

英国ロイヤル・バレエ団ならではの定番演目、巨匠フレデリック・アシュトン振り付けによるラフマニノフの名曲に乗せた「ラプソディ」と人気作の「二羽の鳩」を放送。

1931年に創設され、フランスのパリ・オペラ座バレエ団、ロシアのマリインスキー・バレエ団に並んで、世界三大バレエ団と称される英国ロイヤル・バレエ団。伝統ある演劇性の高いロイヤル・スタイルと、充実したレパートリーで、日本でも高い人気を誇る。
フレデリック・アシュトン振り付けで、2016年に収録された「ラプソディ」「二羽の鳩」の2作品をお届けする。
【ラプソディ】
セルゲイ・ラフマニノフ作曲の「ラプソディ」は、振付家でありダンサーのミハイル・バリシニコフ主演で1980年8月、エリザベス皇太后80歳の誕生日を祝う公演で初演されたプロットのない超絶技巧の名作。ナタリア・オシポアとスティーヴン・マックレーのコンビが、みごとな踊りを披露する。
【二羽の鳩】
アンドレ・メサジェ作曲の「二羽の鳩」は19世紀後半にパリ・オペラ座で初演された作品で、1961年、アシュトンが新たな振り付けを施しロイヤル・バレエの定番となった人気作品。娘役のローレン・カスバートソン、若者役のワディム・ムンタギロフに加え、日本人ダンサーの平野亮一と金子扶生も登場し、軽快なタッチのラブ・ロマンスを演じる。

演目

  • ラプソディ、二羽の鳩

収録日・収録場所

  • 2016年1月/イギリス・ロンドン ロイヤル・オペラ・ハウス

【ラプソディ】

出演

  • ダンサー
    ナタリア・オシポア
  • ダンサー
    スティーヴン・マックレー

スタッフ

  • 振付
    フレデリック・アシュトン
  • 音楽
    セルゲイ・ラフマニノフ

【二羽の鳩】

出演

役名 役者名
ローレン・カスバートソン
若者 ワディム・ムンタギロフ
ジプシーの娘 金子扶生
ジプシーの娘の恋人 平野亮一
ジプシーの少年 マルセリーノ・サンベ

スタッフ

  • 振付
    フレデリック・アシュトン
  • 音楽
    アンドレ・メサジェ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの