{"prg_cd":"114284"}
{"prg_cd":"114646"}
{"prg_cd":"113202"}
{"prg_cd":"114840"}
{"prg_cd":"114743"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114126"}
{"prg_cd":"114565"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113641"}
{"prg_cd":"113993"}
{"prg_cd":"111582"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114924"}
{"prg_cd":"114577"}
{"prg_cd":"114798"}
{"prg_cd":"113883"}
{"prg_cd":"114215"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"114151"}

映画
ワンス・アポン・ア・タイム 闘神

ワンス・アポン・ア・タイム 闘神
現在、放送予定はありません。

中国でベストセラーとなったファンタジーラブストーリーを映画化。天族の太子である夜華と天界青丘の皇帝の娘・白浅との三生三世にわたる愛憎を、壮大な映像で描く。

TVドラマ化もされて人気を博したタン・チーの小説「三生三世十里桃花」を映画化。天界を主な舞台に、天上人や神仙らが繰り広げる壮大なスケールの物語が描かれる。色鮮やかな天界や樹木でできたような龍など、VFXを駆使したスペクタクル感満点の映像が見もの。ヒロインの白浅役には、ディズニーの実写版「ムーラン」でタイトルロールのムーラン役に抜擢されて注目を浴びるリウ・イーフェイ。本作では、白浅役を中心に魂は同一ながら違う身分の人物へと転生を繰り返すヒロイン役を1人3役で熱演した。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ワンス・アポン・ア・タイム 闘神

中国でベストセラーとなったファンタジーラブストーリーを映画化。天族の太子である夜華と天界青丘の皇帝の娘・白浅との三生三世にわたる愛憎を、壮大な映像で描く。

天界。青丘を治める九尾狐族の女帝・白浅は、かつて人界に落ち、素素という人間の女性となって天族の太子・夜華と恋に落ちた。だが、夜華とともに天界に上った素素は彼女を妬む者たちの罠にはめられ、息子を産んだ後、身を投げてしまう。300年後。天界に戻っていた白浅は、親同士が決めた婚約者として夜華と再会する。白浅こそが素素だと気付く夜華だったが、一方の白浅は素素として彼と過ごした人の生の記憶を失っていた。

作品データ

  • 原題/三生三世十里桃花
  • 制作年/2017
  • 制作国/中国
  • 内容時間(字幕版)/112分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
白浅/素素/司音 リウ・イーフェイ
夜華/墨淵 ヤン・ヤン
折顏 ルオ・チン
素錦 リ・チュン
けい蒼 ヤン・イークァン

スタッフ

  • 監督
    チャオ・シャオティン
  • 監督
    アンソニー・ラモリナーラ
  • 製作
    チャン・イーバイ
  • 脚本
    リー・ハン
  • 脚本
    リュウ・ハンほか
  • 撮影
    チャオ・シャオティン
  • 撮影
    シエ・ティエンシエン

関連特集

愛と戦いのスペクタクル・ファンタジー

壮大なスケールの物語とビジュアルに注目

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

愛と戦いのスペクタクル・ファンタジー

壮大なスケールの物語とビジュアルに注目

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの