映画
夜の浜辺でひとり

夜の浜辺でひとり
現在、放送予定はありません。

ホン・サンス監督の新たなミューズとなったキム・ミニが悩めるヒロインを好演し、韓国人女優としては史上初めて、第67回ベルリン国際映画祭で女優賞に輝いた話題の秀作。

パク・チャヌク監督の衝撃的な官能大作「お嬢さん」で大胆な演技を披露し、注目を集める一方、ホン・サンス監督の映画に立て続けに主演し、いまやすっかり同監督の新たなミューズとなったキム・ミニ。本作は「正しい日 間違えた日」に次ぐサンス監督とのコンビ第2作で、キム・ミニ扮する韓国の映画女優が某映画監督との不倫騒動に思い悩みながら懸命に前途を模索するという、どこか彼女自身の実生活とダブるような人物・物語設定。その虚実皮膜の面白さと彼女の等身大の魅力が話題を呼び、国内外で高い評価を得た。

My番組登録者数
  • 0
夜の浜辺でひとり

ホン・サンス監督の新たなミューズとなったキム・ミニが悩めるヒロインを好演し、韓国人女優としては史上初めて、第67回ベルリン国際映画祭で女優賞に輝いた話題の秀作。

既婚の某映画監督との不倫スキャンダルに疲れ、自らのキャリアを投げ捨ててドイツのハンブルクへとやって来た女優のヨンヒ。この地に住む女友達のジヨンと街を散策しながら、ヨンヒは、きっとそこまで会いに行くと言った恋人をあてどなく待ち続ける。結局、彼が姿を見せぬまま月日は流れ、ヨンヒはひとりで韓国へ戻るはめに。チョンウ、ミョンスら、昔なじみの旧友たちとの再会をきっかけに、ヨンヒは女優復帰を考え始めるが…。

作品データ

  • 原題/On the Beach at Night Alone
  • 制作年/2017
  • 制作国/韓国
  • 内容時間(字幕版)/101分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第67回(2017)ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)「キム・ミニ」

出演

役名 役者名
ヨンヒ キム・ミニ
ジヨン ソ・ヨンファ
チョンウ クォン・ヘヒョ
ミョンス チョン・ジェヨン
ジュニ ソン・ソンミ

スタッフ

  • 監督
    ホン・サンス
  • 脚本
    ホン・サンス
  • 撮影
    キム・ヒョング
  • 撮影
    パク・ホンニョル

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ここは日本です。

    • ★☆☆☆☆
    • パトロール・レビュアー
    • 2019/05/22 10:39

    まったく意味不明の韓国語を垂れ流す映画は放送しないで欲しい。

  • 観たい !!!

    • ★★★★☆
    • K@
    • 2018/12/29 20:45

    【ホン・サンス監督の新たなミューズとなったキム・ミニ】
    ウマい!!! その通りですね!!!

    誰が、なんと言おうと
    いい作品を産みだしたい!
    という「結果的」作
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの