映画
エンド・オブ・キングダム

エンド・オブ・キングダム

4/20(土)午後2:15

5/1(水・祝)深夜3:05

G・バトラー主演の活劇「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。舞台は前作のホワイトハウスからロンドンに移るが、シークレットサービスはまたも米大統領を救えるのか。

バトラーが演じるシークレットサービスのマイクがホワイトハウスで、「ダイ・ハード」の主人公のような孤軍奮闘系ヒーローとして活躍した人気作「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。マイクは新たにロンドンで、テロリストたちの攻撃からアッシャー米大統領を守ろうとするが……。前作はホワイトハウスにスケールを限定したが、この続編はずっと広く英国の首都ロンドン全体を舞台とし、マイクたちが次々と非常事態に見舞われ続ける展開。ぐんとスケールアップしたのが見ものだ。シリーズ第3作の製作も決まった。

My番組登録者数
  • 546
エンド・オブ・キングダム

G・バトラー主演の活劇「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。舞台は前作のホワイトハウスからロンドンに移るが、シークレットサービスはまたも米大統領を救えるのか。

2年前、ホワイトハウスを襲ったテロ集団からアッシャー大統領を守ったシークレットサービスのマイクは現在、妻の出産を機に辞職を考える。そんな折、急逝した英国首相の葬儀に大統領が出席することになり、マイクはそのロンドン行きに随行する。すると新たなテロ集団が各国の首脳たちを襲い、大統領が乗ったヘリも地対空ミサイルに攻撃されて墜落。マイクは大統領を連れて、混乱するロンドンの街で安全な場所を探し続けるが……。

作品データ

  • 原題/London Has Fallen
  • 制作年/2016
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/99分
  • 内容時間(吹替版)/99分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
マイク ジェラルド・バトラー
アッシャー大統領 アーロン・エッカート
アラン・トランブル モーガン・フリーマン
リン・ジェイコブス アンジェラ・バセット
クレッグ将軍 ロバート・フォスター
ルース・マクミラン メリッサ・レオ

スタッフ

  • 監督
    ババク・ナジャフィ
  • 製作
    ジェラルド・バトラー
  • 製作
    レス・ウェルドン
  • 製作
    マーク・ギルほか
  • 原案
    クレイトン・ローゼンバーガー
  • 原案
    カトリン・ベネディクト
  • 脚本
    クレイトン・ローゼンバーガー
  • 脚本
    カトリン・ベネディクト
  • 脚本
    クリスチャン・グーデガストほか
  • 撮影
    エド・ワイルド
  • 音楽
    トレヴァー・モリス

関連特集

「エンド・オブ・ホワイトハウス」一挙放送

米大統領を守ろうとボディーガードが活躍!

吹替で楽しむ!「エンド・オブ・ホワイトハウス」一挙放送

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • テレビ東京で放送されていたケド?WOWOWは初放送?

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/02/27 19:35

    シネフィルWOWOWでもテレビ東京観ました。
    前半各国首脳がテロ攻撃されるところは凄い!の一語。
    日本も例外ではないがちょっと中途半端で「生死不明」程度。
    あの
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「エンド・オブ・ホワイトハウス」一挙放送

米大統領を守ろうとボディーガードが活躍!

吹替で楽しむ!「エンド・オブ・ホワイトハウス」一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの