ドキュメンタリー
激動のカンヌ 1968

激動のカンヌ 1968
現在、放送予定はありません。

1968年に開催された第21回カンヌ国際映画祭は、5月革命の余波により中断する事態に。当時の膨大な映像や証言とともにその顛末を振り返る。

My番組登録者数
  • 0
激動のカンヌ 1968

1968年に開催された第21回カンヌ国際映画祭は、5月革命の余波により中断する事態に。当時の膨大な映像や証言とともにその顛末を振り返る。

1946年、フランス政府の肝いりで第1回が開催されて以来、長い歴史と伝統を誇るカンヌ国際映画祭だが、1968年、折しもパリで“五月革命”が起きる中、南仏のカンヌで始まった第21回の映画祭はその余波を受け、会期半ばで中止に。それに先立つ2月、パリのシネマテークの名物会長が突如解任される“ラングロワ事件”が起きた際、猛烈な抗議活動を繰り広げたF・トリュフォー、J=L・ゴダールといった映画人たちが、ここでもその中心的役割を担い……。そんな映画史上の大事件の全容を、貴重な映像と証言で検証する。
【内容】
1968年2月、古今東西の映画を収集保存し上映してきたパリのシネマテーク・フランセーズの創設者兼名物会長であるH・ラングロワが、ド・ゴール政権の文化相アンドレ・マルローに突如解任される事件が発生。このシネマテークで映画を浴びるように見て育ったトリュフォー監督は、ただちに世界中の映画人に呼び掛け、熱烈な抗議活動を展開。やがて同年5月、パリで学生・労働者たちがゼネストを開始し、“五月革命”が起きる中で幕を開けた第21回カンヌ国際映画祭だったが、トリュフォー、ゴダールはカンヌに乗り込み、ストを始めた学生・労働者たちに連帯して映画祭を中止すべきだと主張。賛否両論呼びながらも映画祭は中止に追い込まれる。

出演

  • 出演(アーカイブ映像)
    フランソワ・トリュフォー
  • 出演(アーカイブ映像)
    ジャン=リュック・ゴダール
  • 出演(アーカイブ映像)
    アンリ・ラングロワ
  • 出演(アーカイブ映像)
    ロマン・ポランスキー
  • 出演
    コスタ=ガヴラス
  • 出演
    ノエル・シムソロ

スタッフ

  • 監督
    ジェローム・ウィボン
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの