映画
レディ・バード

レディ・バード
現在、放送予定はありません。

第75回ゴールデン・グローブ賞、ミュージカル/コメディ部門の作品賞と女優賞=S・ローナンに輝いたのをはじめ、数多くの賞を受賞して絶賛を博した青春映画の秀作。

「マリッジ・ストーリー」のノア・バームバック監督の公私にわたる良きパートナーで、「フランシス・ハ」では主演と共同脚本も手掛けたG・ガーウィグ。当代のインディー映画界きっての人気女優として活躍する彼女が、本作では「ブルックリン」の若手実力派女優ローナンを主演女優に迎え、念願のソロ監督デビュー。ローナン扮する17歳の多感な女子高生のヒロインが経験する、痛々しくも愛すべき青春の日々を活写して絶賛を博し、実に200以上の映画賞にノミネートされて、半数以上で受賞を果たす快挙を達成した。

My番組登録者数
  • 0
レディ・バード

第75回ゴールデン・グローブ賞、ミュージカル/コメディ部門の作品賞と女優賞=S・ローナンに輝いたのをはじめ、数多くの賞を受賞して絶賛を博した青春映画の秀作。

2002年、カリフォルニア州サクラメント。高校生活最後の年を迎えた17歳の多感な女子高生、自称〈レディ・バード〉は、NYの大学への進学を希望し、地元の大学に行かせたいと願う母親と大ゲンカ。かんしゃくを起こし、走行中の車の助手席から衝動的に飛び降りた〈レディ・バード〉は右腕を骨折し、ギブスをはめて高校に通うはめに。やがて彼女は、バンド活動をする美青年のカイルと親しくなり、彼と初体験を済ますのだが…。

作品データ

  • 原題/Lady Bird
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/95分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
クリスティン・“レディ・バード”・マクファーソン シアーシャ・ローナン
マリオン・マクファーソン ローリー・メトカーフ
ラリー・マクファーソン トレイシー・レッツ
ダニー・オニール ルーカス・ヘッジズ
カイル・シャイブル ティモシー・シャラメ

スタッフ

  • 監督
    グレタ・ガーウィグ
  • 製作
    スコット・ルーディン
  • 製作
    イーライ・ブッシュ
  • 製作
    エヴリン・オニール
  • 脚本
    グレタ・ガーウィグ
  • 撮影
    サム・レヴィ
  • 音楽
    ジョン・ブライオン

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 懐かしい

    • ★★★★☆
    • att*******
    • 2020/04/23 01:13

    ついこの前まで高校生でこの映画を観て少し懐かしく感じたい

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの