映画
パシフィック・リム:アップライジング

パシフィック・リム:アップライジング

7/29(水)よる8:05

8/4(火)午後5:00

2013年に公開されてヒットしたSFアクション映画「パシフィック・リム」の続編。異世界から来た“KAIJU(怪獣)”と人類を守る巨大ロボたちの新たな死闘を描く。

世界を代表する“オタク”と呼んでも差し支えないであろうG・デル・トロ(「シェイプ・オブ・ウォーター」)が監督し、日本の“特撮”界隈で生まれた“怪獣”“巨大ロボ”への愛情をたっぷりと注ぎ、世界的にヒットした「パシフィック・リム」の続編。監督は米TVドラマ界出身のS・S・デナイト監督に交代し、恐らく監督は“夜のシーンが多い”という前作への批判を受けてか、昼のシーンを増やし、“巨大ロボ”たちの新たな活躍を描いた。「スター・ウォーズ」シリーズ第7~9作のJ・ボイエガが新たな主人公役。

My番組登録者数
  • 477
パシフィック・リム:アップライジング

2013年に公開されてヒットしたSFアクション映画「パシフィック・リム」の続編。異世界から来た“KAIJU(怪獣)”と人類を守る巨大ロボたちの新たな死闘を描く。

太平洋の海底の裂け目から現われた“KAIJU”たちと、人類を守るための巨大ロボ“イェーガー”たちが激戦を繰り広げてから10年後の2035年。“KAIJU”の再来が不安な環太平洋防衛軍は新世代の巨大ロボを開発し、若いパイロットたちを鍛える。10年前の激戦で戦死した司令官の息子ジェイクは違法行為に手を染めていたがパイロットの教官として復隊し、新たな“KAIJU”たちの出現をきっかけに戦う覚悟を決める。

作品データ

  • 原題/Pacific Rim: Uprising
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/111分
  • 内容時間(吹替版)/111分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ジェイク・ペントコスト ジョン・ボイエガ
ネイト・ランバート スコット・イーストウッド
アマーラ・ナマーニ ケイリー・スピーニー
リーウェン・シャオ ジン・チェン
ハーマン・ゴットリーブ博士 バーン・ゴーマン
森マコ 菊地凛子
リョウイチ 新田真剣佑

スタッフ

  • 監督
    スティーヴン・S・デナイト
  • 製作
    ギレルモ・デル・トロ
  • 製作
    トーマス・タル
  • 製作
    ジョン・ボイエガほか
  • 脚本
    スティーヴン・S・デナイト
  • 脚本
    エミリー・カーマイケル
  • 脚本
    キラ・スナイダーほか
  • 撮影
    ダニエル・ミンデル
  • 音楽
    ローン・バルフェ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ怪獣総進撃か

    • ★★★☆☆
    • ミーケン
    • 2020/02/13 20:16

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの