映画
去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

4/5(金)午前8:45

天才カメラマンは連続殺人鬼なのか……。岩田剛典、山本美月、斎藤工など豪華キャストを迎え、中村文則による話題の同名小説を、WOWOW FILMSも参加して映画化。

「土の中の子供」が第133回芥川賞に輝いた中村文則の同名小説を、「犯人に告ぐ」「脳男」などの瀧本智行監督が映画化。画面にいきなり“第二章”と出る趣向が観る者を驚かせるが、物語の後半で描かれる“第一章”こそ前半の謎を解く鍵となる凝った構成。「HiGH&LOW」シリーズでも俳優として活躍する岩田に対し、これまで演じてきた役柄と一線を画すような役どころで斎藤がダークな表情を見せ、その熱演も大きな見ものだろう。特に終盤、次々と畳み掛けられる意外な事実の数々にあっと驚かされるのは確実。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 203
去年の冬、きみと別れ

天才カメラマンは連続殺人鬼なのか……。岩田剛典、山本美月、斎藤工など豪華キャストを迎え、中村文則による話題の同名小説を、WOWOW FILMSも参加して映画化。

恋人・百合子との結婚を控えるフリーランスの記者・耶雲恭介は、天才カメラマンとされる木原坂雄大が起こしてきたと疑われる連続殺人事件について書くことを週刊誌の編集者、小林に頼んで承諾を得る。雄大は女性に火を付け、彼女たちが焼死する様子を撮影していると疑われていたが、犠牲者たちには必ず愛する人がいた。雄大自身から密着取材する許可を得た恭介だが、雄大は百合子に目を付け、自分の作品のモデルにしようとし……。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/119分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
耶雲恭介 岩田剛典
松田百合子 山本美月
木原坂雄大 斎藤工
小林良樹 北村一輝
木原坂朱里 浅見れいな
吉岡亜希子 土村芳
編集長 矢島健一
北川聡介 Mummy-D

スタッフ

  • 監督
    瀧本智行
  • 脚本
    大石哲也
  • 撮影
    河津太郎
  • 音楽
    上野耕路

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの