映画
海を駆ける

海を駆ける

3/28(木)よる7:00

4/11(木)午後3:00

海外でもその才能を高く評価される現代日本映画界の俊才・深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演に迎え、インドネシアでオールロケ撮影を敢行して生み出した野心作。

「ほとりの朔子」が第35回ナント三大陸映画祭のグランプリと若い審査員賞をW受賞、「淵に立つ」が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞するなど、いまや海外でも高い評価を受ける深田晃司監督。本作では、日×仏×インドネシアの3カ国の共同製作のもと、2004年のスマトラ島沖大震災で津波による壊滅的被害を受けたインドネシアの海岸地域でオールロケ撮影を敢行。海から不意に現われ、次々と奇跡を起こす謎の男を、ディーン・フジオカが神秘的に演じるほか、太賀、鶴田真由らが共演。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 515
海を駆ける

海外でもその才能を高く評価される現代日本映画界の俊才・深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演に迎え、インドネシアでオールロケ撮影を敢行して生み出した野心作。

日本からインドネシア最西端の港町バンダ・アチェに移り住み、NPO法人で災害復興の仕事をしながら、息子のタカシと暮らす貴子。折しも、貴子の家に日本から親戚のサチコがやって来るのと前後して、正体不明の男が海岸で倒れているのが発見される。記憶喪失に陥っているのか、無口でどこか謎めいたその男は、インドネシア語で海を意味する「ラウ」と名付けられ、しばらく貴子が預かって面倒を見ることにするのだが…。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本/フランス/インドネシア
  • 内容時間/107分
  • ジャンル/ドラマ・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ラウ ディーン・フジオカ
タカシ 太賀
サチコ 阿部純子
クリス アディパティ・ドルケン
貴子 鶴田真由

スタッフ

  • 監督
    深田晃司
  • 脚本
    深田晃司
  • 撮影
    芦澤明子
  • 音楽
    小野川浩幸

関連特集

春の邦画スペシャル

邦画のヒット作全33本を1カ月かけて特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

春の邦画スペシャル

邦画のヒット作全33本を1カ月かけて特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの