映画
ゴッホ 最期の手紙

ゴッホ 最期の手紙
現在、放送予定はありません。

今なお多くの謎に包まれた悲劇の天才画家V・ファン・ゴッホの最期を、全編彼の絵のタッチを模した“動く油絵”としてアニメーションドラマ化した異色の体感型アート映画。

19世紀のオランダが生んだ悲劇の天才画家ゴッホ。今なお多くの謎に包まれた彼の最期を、あっと驚く独創的な手法を駆使して映画化。「メアリーの総て」のD・ブース、「レディ・バード」のS・ローナンらの共演でまず実写として撮影した映像をもとに、総勢125人の現代の画家たちが、ゴッホの絵のタッチを再現しつつ、62450枚もの油絵を制作。それをさらに、1秒に12枚の油絵を撮影した高解像度映像によって“動く油絵”として再構成し、このなんとも魔訶不思議な体感型の異色アート映画がここに誕生した。

My番組登録者数
  • 0
ゴッホ 最期の手紙

今なお多くの謎に包まれた悲劇の天才画家V・ファン・ゴッホの最期を、全編彼の絵のタッチを模した“動く油絵”としてアニメーションドラマ化した異色の体感型アート映画。

無気力な日々を過ごしていた青年のアルマンは、ある日、郵便配達人の父から1通の手紙を託される。それは、1年ほど前に北フランスの農村で自殺したオランダ人画家で、父の友人でもあったゴッホが、弟のテオに宛てて書いたきり、出し忘れていた手紙だった。その手紙をテオに届けるべく、パリへと旅立ったアルマンは、その過程で、さまざまな人々からゴッホについてあれこれ聞かされ、自殺とされる彼の死に疑問を抱くようになる。

作品データ

  • 原題/Loving Vincent
  • 制作年/2017
  • 制作国/イギリス/ポーランド
  • 内容時間(字幕版)/95分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名 役者名
アルマン・ルーラン ダグラス・ブース
ガシェ医師 ジェローム・フリン
フィンセント・ファン・ゴッホ ロベルト・グラチーク
ルイーズ・シュヴァリエ ヘレン・マックロリー
マルグリット・ガシェ シアーシャ・ローナン

スタッフ

  • 監督
    ドロタ・コビエラ
  • 監督
    ヒュー・ウェルチマン
  • 製作
    ヒュー・ウェルチマン
  • 製作
    ショーン・ボビット
  • 製作
    イヴァン・マクタガード
  • 脚本
    ドロタ・コビエラ
  • 脚本
    ヒュー・ウェルチマン
  • 脚本
    ヤツァク・デネル
  • 撮影
    トリスタン・オリヴァー
  • 撮影
    ウカシュ・ジャル
  • 音楽
    クリント・マンセル

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 映像のアート色はいいのだが、話の流れが…

    • ★★★☆☆
    • jun市
    • 2019/05/19 15:39

    かって中国で制作されていた水墨画アニメが好きだった。(コストの問題か最近は作られてはいないよう)アニメもデジタル化して表現の幅が広がってもいいのに、未だセル画調 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの