映画
北の桜守

北の桜守

2/27(水)午後4:45

名女優・吉永小百合の“北の3部作”最終章。滝田洋二郎を監督に、樺太から北海道に渡った母親と、疎遠だったがアメリカで大成した息子。再会した2人の魂の旅路を描く。

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く“北の3部作” 最終章。第81回アカデミー賞外国語映画賞に輝く「おくりびと」の滝田監督が、吉永、堺雅人、篠原涼子、阿部寛、佐藤浩市、岸部一徳ら豪華キャストで描く感動作。戦中戦後の場面をメインに、劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出した舞台劇が回想で挿入されるユニークな構成で、北海道の風景と舞台という取り合わせがファンタジー風のムードを醸し出す。映画女優・吉永の圧倒的存在感と、彼女を囲む俳優陣の顔合わせが見ものだ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 229
北の桜守

名女優・吉永小百合の“北の3部作”最終章。滝田洋二郎を監督に、樺太から北海道に渡った母親と、疎遠だったがアメリカで大成した息子。再会した2人の魂の旅路を描く。

1945年8月、樺太に暮らす女性てつは迫るソ連軍から逃れ、樺太に残る夫と再会を約束して息子たちを連れ網走に渡る。1971年。次男の修二郎はアメリカに渡って成功を収め、米国企業の日本支社長として帰国する。彼は15年ぶりにてつのもとを訪れるが、年老いた母親の姿にひとり暮らしが心もとなく思い、ふたたび母親と暮らすことを決意する。だが、てつは立派になった修二郎に迷惑を掛けたくないと網走に戻ろうとし……。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/126分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
江蓮てつ 吉永小百合
江蓮修二郎 堺雅人
江蓮真理 篠原涼子
山岡和夫 岸部一徳
島田光江 高島礼子
三田医師 永島敏行
江蓮徳次郎 阿部寛
菅原信治 佐藤浩市

スタッフ

  • 監督
    滝田洋二郎
  • 脚本
    那須真知子
  • 撮影
    浜田毅
  • 音楽
    小椋佳
  • 音楽
    星勝
  • 音楽
    海田庄吾
  • 舞台演出
    ケラリーノ・サンドロヴィッチ

関連特集

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 名作!大女優!

    • ★★★★★
    • ミキオ
    • 2019/01/04 12:17

    昭和の時代を吉永小百合が名演技で魅せてくれます、周りの俳優さん達も個性的な方々で是非とも見なくてはいけない作品でした。

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの