映画
否定と肯定

否定と肯定
現在、放送予定はありません。

ナチスによるユダヤ人の大量虐殺などなかった。こう主張するホロコースト否定論者と法廷闘争をするはめとなった女性ユダヤ人歴史学者の苦闘を、実話をもとに描いた秀作。

1996年、あるホロコースト否定論者の持論を自らの著作の中で非難し、逆に彼から名誉棄損で訴えられるはめとなったユダヤ人女性歴史学者のD・E・リップシュタット。このままでは重大な歴史の歪曲につながりかねないと、彼女はこの挑戦に応じることに。世界中の人々が勝負の行方を見守ったこの注目の裁判劇を実話をもとに映画化。毅然としたヒロインをR・ワイズが好演する一方、T・スポールが毒々しい悪役演技で強烈な存在感を発揮。フェイクニュースが堂々とまかり通る今日、誰もが必見の注目作に仕上がった。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
否定と肯定

ナチスによるユダヤ人の大量虐殺などなかった。こう主張するホロコースト否定論者と法廷闘争をするはめとなった女性ユダヤ人歴史学者の苦闘を、実話をもとに描いた秀作。

アメリカの大学で教鞭をとるユダヤ人女性歴史学者のリップシュタットは、ナチスによるユダヤ人大量虐殺などなかったと主張するホロコースト否定論者アーヴィングを、自らの著作の中で非難。これを、自らを世間に売り込む絶好の機会と捉えたアーヴィングは、名誉棄損で彼女を提訴。一方、これを黙って見過ごすと重大な歴史の歪曲につながりかねないと、彼女はイギリスの法廷を舞台に、アーヴィングと苦難に満ちた闘いを繰り広げる。

作品データ

  • 原題/Denial
  • 制作年/2016
  • 制作国/イギリス/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/110分
  • 内容時間(吹替版)/110分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
デボラ・E・リップシュタット レイチェル・ワイズ
リチャード・ランプトン トム・ウィルキンソン
デヴィッド・アーヴィング ティモシー・スポール
アンソニー・ジュリアス アンドリュー・スコット
ジェームズ・リブソン ジャック・ロウデン

スタッフ

  • 監督
    ミック・ジャクソン
  • 製作
    ゲーリー・フォスター
  • 製作
    ラス・クラスノフ
  • 脚本
    デヴィッド・ヘア
  • 撮影
    ハリス・ザンバーラウコス
  • 音楽
    ハワード・ショア

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの