{"prg_cd":"113342"}
{"prg_cd":"011496"}
{"prg_cd":"002798"}
{"prg_cd":"015032"}
{"prg_cd":"105203"}
{"prg_cd":"111714"}
{"prg_cd":"113094"}
{"prg_cd":"113867"}
{"prg_cd":"112214"}
{"prg_cd":"113304"}
{"prg_cd":"113586"}
{"prg_cd":"114574"}
{"prg_cd":"111291"}
{"prg_cd":"113377"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113878"}
{"prg_cd":"113747"}
{"prg_cd":"114214"}
{"prg_cd":"113914"}
{"prg_cd":"114823"}
{"prg_cd":"114044"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113905"}

映画
希望のかなた

希望のかなた

3/8(金)午前4:50

北欧フィンランドにたどり着いたシリア難民の青年の悪戦苦闘を、名匠A・カウリスマキ監督が心優しく見守り、第67回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)に輝いた感動作。

内戦の続く祖国シリアを逃れ、苦難の末、北欧の国フィンランドにたどり着いたひとりの難民青年。そんな彼が、見知らぬ異国の地で多くの困難に直面しながらも、親切な仲間たちに支えられて、希望の光を次第に見いだしていくさまを、名匠カウリスマキ監督が味わい深くユーモラスに活写。第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)に輝いたのをはじめ、世界中で観客の熱い喝采と支持を得た。実際にシリア出身のS・ハジが主役に抜擢されて好演を披露するほか、共演はカウリスマキ作品の常連俳優S・クオスマネン。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 152
希望のかなた

北欧フィンランドにたどり着いたシリア難民の青年の悪戦苦闘を、名匠A・カウリスマキ監督が心優しく見守り、第67回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)に輝いた感動作。

フィンランドの首都ヘルシンキに入港した外国船の積み荷の中から、ひとりの密航者が姿を現わす。その正体はシリア人青年のカーリド。内戦の続く祖国を逃れた彼は、苦難の末、この地にたどり着いたものの、その途中、妹と離れ離れの運命に。難民申請をして無情にも却下されたカーリドは、収容施設から脱走して街をさまよっていたところを、レストランの店主ヴィクストロムに助けられ、彼の店で働きながら妹の行方を捜し回る。

作品データ

  • 原題/Toivon tuolla puolen
  • 制作年/2017
  • 制作国/フィンランド
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • 内容時間(吹替版)/100分
  • ジャンル/ドラマ・コメディ

出演

役名 役者名
カーリド シェルワン・ハジ
ヴィクストロム サカリ・クオスマネン
マズダック サイモン・フセイン・アルバズーン
ヴィクストロムの妻 カイヤ・パカリネン
ミリアム ニロズ・ハジ

スタッフ

  • 監督
    アキ・カウリスマキ
  • 製作
    アキ・カウリスマキ
  • 脚本
    アキ・カウリスマキ
  • 撮影
    ティモ・サルミネン

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 待望のカウリスマキ

    • ★★★★★
    • ミサオさん
    • 2019/02/07 21:58

    ファンタジーのカウリスマキ世界にも厳しい欧州での現実が。それでもホッとさせられました。公開1年で観られてWOWOW に感謝です!

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの