{"prg_cd":"021587"}
{"prg_cd":"115137"}
{"prg_cd":"113142"}
{"prg_cd":"100943"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"013495"}
{"prg_cd":"115060"}
{"prg_cd":"112180"}
{"prg_cd":"114275"}
{"prg_cd":"113782"}
{"prg_cd":"113881"}
{"prg_cd":"113920"}
{"prg_cd":"114272"}
{"prg_cd":"113924"}
{"prg_cd":"114706"}
{"prg_cd":"012752"}
{"prg_cd":"112209"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"115059"}
{"prg_cd":"114950"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114863"}
{"prg_cd":"114873"}
{"prg_cd":"114916"}
{"prg_cd":"114687"}

映画
長江 愛の詩

長江 愛の詩

5/23(木)午前7:00

悠久の大河・長江をさかのぼる船旅に出た男を待ち受ける運命とは? 神秘的な映像美が絶賛され、第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)に輝いた壮大な叙事詩。

中国大陸を全長6300kmにわたって蛇行し、中国のみならずアジア最長を誇る大河、長江。中国の悠久の歴史と文化、自然を育んできた長江を、貨物船に乗って河口の上海から水源へとさかのぼる旅に出たひとりの船長の軌跡を通して、これが長編第2作となるヤン・チャオ監督が近年大きく変貌しつつある長江流域の様子をじっくりと観察。撮影の名手リー・ピンビンが捉えた神秘的な映像美が絶賛を博し、第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)にみごと輝いた。主演は「二重生活(2012)」のチン・ハオ。

My番組登録者数
  • 160
長江 愛の詩

悠久の大河・長江をさかのぼる船旅に出た男を待ち受ける運命とは? 神秘的な映像美が絶賛され、第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)に輝いた壮大な叙事詩。

亡き父親の後を継いで小さな貨物船の船長となったガオ・チュン。ある日彼は、父親の書き残した「長江図」と題された詩集を船内で発見し、それに導かれるようにして、上海から長江を水源へとさかのぼる船旅に出発。その行く先々で、彼はアン・ルーという女性との出会いと別れを繰り返すが、再会するたびになぜか彼女は次第に若返り、不思議な変貌を遂げていく。三峡ダムを境に彼女の姿が消え、ガオは彼女の出現を心待ちにするが…。

作品データ

  • 原題/長江図
  • 制作年/2016
  • 制作国/中国
  • 内容時間(字幕版)/116分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第66回(2016)ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)

出演

役名 役者名
ガオ・チュン チン・ハオ
アン・ルー シン・ジーレイ
ホンウェイ ワン・ホンウェイ
ウー・シェン ウー・リーポン
シアン チァン・ホワリン

スタッフ

  • 監督
    ヤン・チャオ
  • 脚本
    ヤン・チャオ
  • 撮影
    リー・ピンビン
  • 音楽
    アン・ウェイ

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2019]

ベルリン国際映画祭を沸かせた秀作を特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2019]

ベルリン国際映画祭を沸かせた秀作を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの