{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"113205"}
{"prg_cd":"075107"}
{"prg_cd":"013867"}
{"prg_cd":"111654"}
{"prg_cd":"111522"}
{"prg_cd":"113174"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"112943"}
{"prg_cd":"016848"}
{"prg_cd":"113252"}
{"prg_cd":"113190"}
{"prg_cd":"113464"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"113201"}
{"prg_cd":"075519"}
{"prg_cd":"101687"}
{"prg_cd":"100676"}
{"prg_cd":"110685"}
{"prg_cd":"111799"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"113000"}
{"prg_cd":"113651"}
{"prg_cd":"113898"}

ステージ
コクーン歌舞伎「切られの与三」

コクーン歌舞伎「切られの与三」
現在、放送予定はありません。

コクーン歌舞伎に新たな歴史が刻まれた。江戸世話物の名作「与話情浮名横櫛」が、中村七之助の主演、串田和美の新演出で生まれ変わる。

上演台本を担当した木ノ下裕一はコクーン歌舞伎に初参加。木ノ下が主宰している木ノ下歌舞伎は、現代的な要素を持ち込んだ歌舞伎にアプローチしている団体。演出の串田和美とのコラボレーションは必見だ。主人公の与三郎を演じるのは中村七之助。お富を演じるのは若手注目株の中村梅枝。その弟の中村萬太郎も登場し、ともにコクーン歌舞伎初参加となる。また、中村扇雀、片岡亀蔵、笹野高史らコクーン歌舞伎を支え続けてきた面々が、熱気あふれる舞台をお届けする。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
コクーン歌舞伎「切られの与三」

コクーン歌舞伎に新たな歴史が刻まれた。江戸世話物の名作「与話情浮名横櫛」が、中村七之助の主演、串田和美の新演出で生まれ変わる。

古典歌舞伎の名作に現代的な演出を施し、新たな文化を発信してきたコクーン歌舞伎の第16弾。主演の中村七之助が34カ所の傷を負い、自らの運命に苦しみもがく男を迫力の演技で披露する。
「切られの与三」の原作「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」は歌舞伎の人気演目の一つで、互いに一目惚れしてしまった与三郎とお富が別れと再会を繰り返し、さらにお家騒動も絡む大長編。通し上演が難しいこの作品に真っ向から取り組んだ。
【あらすじ】
江戸の大店の息子与三郎(中村七之助)は、家を勘当され江戸に帰ることを夢見ながら木更津で暮らしていた。そんな与三郎は浜で美しい女性・お富(中村梅枝)と出会う。お富は元深川芸者で、木更津の土地の親分・赤間源左衛門(真那胡敬二)に請け出された身だった。お互い一目で恋に落ち、密会する与三郎とお富。しかし逢瀬の現場を源左衛門に踏み込まれてしまい、捕らわれた与三郎は顔や体に34カ所の刀傷を負わされる。そして逃げ出したお富は海へと飛び込んでしまう。
3年後、生々しい傷を残したまま江戸へと戻った与三郎は、自らの傷を見せては相手を驚かす「切られの与三」となり、ごろつきの安五郎(笹野高史)とともにゆすりやたかりを働いていた。一方、身投げしたお富は、溺れているところを助けてくれた男の元で世話になっていた。そこに安五郎とともに現われた与三郎は、お富と運命の再会をする。

収録日・収録場所

  • 2018年5月23日/東京 Bunkamuraシアターコクーン

出演

  • 中村七之助
  • 中村梅枝
  • 中村萬太郎
  • 中村歌女之丞
  • 中村鶴松
  • 真那胡敬二
  • 笹野高史
  • 片岡亀蔵
  • 中村扇雀

スタッフ

  • 瀬川如皐「与話情浮名横櫛」
  • 補綴
    木ノ下裕一
  • 演出・美術・潤色
    串田和美
  • 音楽
    Dr.kyOn

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの