{"prg_cd":"112449"}
{"prg_cd":"112691"}
{"prg_cd":"113127"}
{"prg_cd":"112764"}
{"prg_cd":"113116"}
{"prg_cd":"014498"}
{"prg_cd":"113252"}
{"prg_cd":"112733"}
{"prg_cd":"113253"}
{"prg_cd":"112983"}
{"prg_cd":"064190"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113228"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"014794"}
{"prg_cd":"101927"}
{"prg_cd":"112398"}
{"prg_cd":"112967"}
{"prg_cd":"113651"}
{"prg_cd":"020234"}
{"prg_cd":"112779"}
{"prg_cd":"010383"}
{"prg_cd":"112955"}
{"prg_cd":"112003"}
{"prg_cd":"112964"}

映画
彼女がその名を知らない鳥たち

彼女がその名を知らない鳥たち

12/26(水)深夜0:45

蒼井優と阿部サダヲの共演で究極の愛を描いたラブミステリー。過去の恋人を忘れられないまま15歳も年上の男に依存するヒロイン。男の“過剰な愛情”に隠された秘密とは?

沼田まほかるの小説を「孤狼の血」の白石和彌監督が映画化。蒼井演じる十和子、阿部演じる陣治、松坂桃李演じる水島、竹野内豊演じる黒崎と登場人物たちはいずれも“最低”と呼んでいいような人間たち。「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」のベアトリス・ダルを彷彿とさせるような役柄を演じる蒼井、いつもとはひと味違う演技で場面をさらう阿部、従来のイメージを覆すようなクズっぷりを見せる、松坂と竹野内。4人の演技合戦が緊張感を生み、“究極”にたどり着くことに胸が締め付けられるような感覚になる。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 276
彼女がその名を知らない鳥たち

蒼井優と阿部サダヲの共演で究極の愛を描いたラブミステリー。過去の恋人を忘れられないまま15歳も年上の男に依存するヒロイン。男の“過剰な愛情”に隠された秘密とは?

十和子は8年前に別れた元恋人・黒崎を忘れられずにいながら、15歳年上の陣治と暮らしていた。ある日、十和子はどこか黒崎の面影があるデパートの時計売り場主任・水島と知り合う。妻子がいると知りながらも、彼との情事に溺れていく十和子。その後、彼女のもとに刑事が訪れ、黒崎が行方不明であることを告げる。やがて十和子は陣治が自分を執拗につけ回していたことを知り、彼が黒崎の失跡に関係あるのではないかと疑うが……。

作品データ

  • 制作年/2017
  • 制作国/日本
  • 内容時間/124分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
北原十和子 蒼井優
佐野陣治 阿部サダヲ
水島真 松坂桃李
黒崎俊一 竹野内豊
国枝カヨ 村川絵梨
野々山美鈴 赤澤ムック
国枝 中嶋しゅう

スタッフ

  • 監督
    白石和彌
  • 脚本
    浅野妙子
  • 撮影
    灰原隆裕
  • 音楽
    大間々昂

関連特集

メガヒットスペシャル[邦画編]

邦画のヒット作・話題作をまとめてオンエア

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

メガヒットスペシャル[邦画編]

邦画のヒット作・話題作をまとめてオンエア

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの