ステージ
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蛮幽鬼』

劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蛮幽鬼』

12/21(金)午後1:55

  •  

    12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

    <放送ラインナップ>

    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season花
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月“上弦の月”
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月“下弦の月”
    • ・劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蜉蝣峠』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蛮幽鬼』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『シレンとラギ』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蒼の乱』

「復讐がその男のすべてだった」人間の業をえぐり出す壮大な復讐譚。上川隆也、稲森いずみ、早乙女太一、堺雅人ら豪華出演者で描く緻密かつダイナミックな人間ドラマ。

上川隆也主演、終わることのない復讐に生きる男の姿を描いた舞台『蛮幽鬼』をお送りする。本作は2009年に上演され、その壮大な人間ドラマに連日スタンディングオベーションが巻き起こった伝説の時代活劇だ。
上川は無実の罪で監獄島に捕らわれた男・伊達土門を演じる。そしてほほ笑みを浮かべながら人をあやめていく謎の男サジを演じるのは堺雅人。2人の初共演は大きな見どころ。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 549
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蛮幽鬼』

「復讐がその男のすべてだった」人間の業をえぐり出す壮大な復讐譚。上川隆也、稲森いずみ、早乙女太一、堺雅人ら豪華出演者で描く緻密かつダイナミックな人間ドラマ。

モチーフとなるのは復讐譚の傑作、「モンテ・クリスト伯」。これまで多くの物語に影響を与えている作品だが、『蛮幽鬼』では、民族の確執や、人同士が殺し合わねばならぬさが、さらに人間の業の果てに生まれる愛など多様なテーマが盛り込まれ、息もつかせぬ展開となっている。生まれ変わった“復讐譚”がどのような結末を迎えるのか、じっくりとご覧いただきたい。
【ストーリー】
遠い昔、島国の鳳来(ほうらい)で生まれ育った若者の伊達土門(上川隆也)は「蛮教」を学ぶため、果拿(かだ)の国へ、仲間とともに海を渡って留学していた。しかし帰国直前、土門は仲間だったはずの稀浮名(山内圭哉)と音津空麿(粟根まこと)の謀略によって殺人罪のぬれぎぬを着せられてしまう。監獄島に幽閉された土門は髪がすべて白髪になるほど苦しめられ、若いころの面影はなくなっていく。
幽閉から10年後、土門は牢獄に抜け穴を掘り、サジと名乗る男(堺雅人)とともに脱獄に成功する。復讐に燃えて祖国へと戻った土門は、飛頭蛮という僧の名で新しい「蛮教」を掲げて布教し始めていた。そんな飛頭蛮を、大王の妃が、護衛の剣の達人・刀衣(早乙女太一)を伴い訪ねてくる。その妃とは、土門のかつての婚約者・京兼美古都(稲森いずみ)だった。心揺れる中、土門は自分に殺人罪のぬれぎぬを着せた裏の人物は誰だったのかという真相に行き着く。

収録日・収録場所

  • 2009年10月19日/東京 新橋演舞場

出演

  • 上川隆也
  • 稲森いずみ
  • 早乙女太一
  • 橋本じゅん
  • 高田聖子
  • 粟根まこと
  • 山内圭哉
  • 山本亨
  • 千葉哲也
  • 堺雅人

スタッフ

  • 中島かずき
  • 演出
    いのうえひでのり
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの