{"prg_cd":"113020"}
{"prg_cd":"113027"}
{"prg_cd":"113256"}
{"prg_cd":"111938"}
{"prg_cd":"113358"}
{"prg_cd":"113187"}
{"prg_cd":"113536"}
{"prg_cd":"100758"}
{"prg_cd":"112573"}
{"prg_cd":"113559"}
{"prg_cd":"113142"}
{"prg_cd":"112820"}
{"prg_cd":"113552"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"001459"}
{"prg_cd":"105661"}
{"prg_cd":"113406"}
{"prg_cd":"113245"}
{"prg_cd":"113642"}
{"prg_cd":"113888"}
{"prg_cd":"113568"}
{"prg_cd":"112266"}
{"prg_cd":"112309"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"113942"}

映画
殺人者の記憶法:新しい記憶

殺人者の記憶法:新しい記憶

12/17(月)深夜3:00

認知症の元連続殺人鬼と、新たに現われた若き連続殺人鬼との対決を描いたサスペンス「殺人者の記憶法」の別バージョン。新場面を追加して再編集、異なる物語が展開する。

アルツハイマーの元殺人者が、新たな殺人者と対決するという斬新な設定で高い評価を得た「殺人者の記憶法」を、新たな視点から楽しめる別バージョン。オリジナル版のエピローグ部分にあった、事件解決後にソル・ギョング扮する主人公が病院で検事の接見を受ける場面をプロローグにして、何があったかを回想するという構成になっている。主人公が新たな連続殺人鬼と確信する、キム・ナムギル扮する警察官が捜査の合間に凶暴性をのぞかせる場面などが追加され、衝撃の結末へと向かう新たな物語が繰り広げられる。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 215
殺人者の記憶法:新しい記憶

認知症の元連続殺人鬼と、新たに現われた若き連続殺人鬼との対決を描いたサスペンス「殺人者の記憶法」の別バージョン。新場面を追加して再編集、異なる物語が展開する。

連続殺人鬼という過去を隠し、田舎町で獣医として働くビョンス。アルツハイマーによる認知症を患う彼は、しばしば自分が何をしているかすら忘れる始末だった。そんな彼は、車の事故を機に若い警官テジュと知り合う。ビョンスは体に染みついた経験から、即座にテジュも自分と同じ殺人者だと確信する。テジュが愛娘ウンヒに近づいていることを知ったビョンスは、記憶の忘却や混濁に苦しみながらも、娘を守ろうと決意するのだが……。

作品データ

  • 原題/Memoir of a Murderer: Another Memory
  • 制作年/2017
  • 制作国/韓国
  • 内容時間(字幕版)/129分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
キム・ビョンス ソル・ギョング
ミン・テジュ キム・ナムギル
キム・ウンヒ キム・ソリョン
アン・ビョンマン署長 オ・ダルス
チョ・ヨンジュ ファン・ソクチョン
修道女マリア(ビョンスの姉) キル・ヘヨン
キム・ミンジェ検事 キム・ミンジェ

スタッフ

  • 監督
    ウォン・シニョン
  • 製作
    ユ・ジョンフン
  • 製作
    ウォン・シニョン
  • 脚本
    ファン・ジョユン
  • 撮影
    チェ・ヨンファン
  • 音楽
    キム・ジュンソン

関連特集

「殺人者の記憶法」一挙放送

韓国の秀作サスペンスの2バージョンを放送

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「殺人者の記憶法」一挙放送

韓国の秀作サスペンスの2バージョンを放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの