映画
アトミック・ブロンド

アトミック・ブロンド
現在、放送予定はありません。

美人女優C・セロンがスパイのヒロイン役を、驚異的な量のアクションとともに体当たりで熱演。冷戦時代、英国の女性スパイ、ローレンは2つのミッションのためベルリンへ。

2012年に発表されたグラフィックノベルを原作に、英国の女性スパイ、ローレン・ブロートンが、冷戦終結直前のベルリンで繰り広げる死闘を描いた、ハードタッチのスパイアクション。中盤以降、ローレンが次々と現われる敵たちを迎え討つ勇姿を驚異的な長回しショットで描いたのが秀逸で、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフュリオサ役も好評だったセロンは、本作でさらにワイルドに振り切ってみせた。J・マカヴォイなど共演の顔ぶれも充実。2018年5月、セロン自身が続編が作られる可能性を認めた。

My番組登録者数
  • 0
アトミック・ブロンド

美人女優C・セロンがスパイのヒロイン役を、驚異的な量のアクションとともに体当たりで熱演。冷戦時代、英国の女性スパイ、ローレンは2つのミッションのためベルリンへ。

東西冷戦末期の1989年。英国MI6のスパイ、ローレンは、世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載された極秘リストの奪還と、MI6内部にいる敵の二重スパイ“サッチェル”の正体を突き止めろという指令を受け、ベルリンへ。現地の英国スパイ、デヴィッドと行動するが、なぜかローレンの行動は敵側に筒抜けになっており、誰が敵で誰が味方か分からない状況下、ローレンは次々と現われる敵と激闘を繰り広げていくが……。

作品データ

  • 原題/Atomic Blonde
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ/ドイツ/スウェーデン
  • 内容時間(字幕版)/115分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ローレン・ブロートン シャーリーズ・セロン
デヴィッド・パーシヴァル ジェームズ・マカヴォイ
エメット・カーツフェルド ジョン・グッドマン
時計屋 ティル・シュヴァイガー
デルフィーヌ・ラサール ソフィア・ブテラ

スタッフ

  • 監督
    デヴィッド・リーチ
  • 製作
    シャーリーズ・セロン
  • 製作
    エリック・ギター
  • 製作
    ケリー・マコーミックほか
  • 脚本
    カート・ジョンスタッド
  • 撮影
    ジョナサン・セラ
  • 音楽
    タイラー・ベイツ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • カメレオン女優再び 途中ぬるいけど最後は締める

    • ★★★☆☆
    • Hdmaster
    • 2018/10/07 00:09

    所どころ面白いシーンはあるのだが、全体としては退屈な部分が多過ぎる。百変化で何にでもなれちゃう シャーリーズ・セロンはさすがだけど、今回のスパイは今一つ しっく 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの