ドキュメンタリー
ノンフィクションW 野村家三代 パリに舞う ~万作・萬斎・裕基、未来へ

ノンフィクションW 野村家三代 パリに舞う

12/22(日)午後1:30

狂言650年の歴史を担う野村万作・萬斎・裕基の野村家三代が、パリで究極の難曲「三番叟(さんばそう)」を披露。それぞれ現役の今を生きる野村家三代の挑戦を追った。

My番組登録者数
  • 249
ノンフィクションW 野村家三代 パリに舞う

狂言650年の歴史を担う野村万作・萬斎・裕基の野村家三代が、パリで究極の難曲「三番叟(さんばそう)」を披露。それぞれ現役の今を生きる野村家三代の挑戦を追った。

「3人を見比べていただくと、どういうふうに継承が行なわれているかを感じていただけるはず」。今や狂言師の枠にとどまらず、映画、ドラマなどさまざまなジャンルで活躍する野村萬斎は語る。2018年9月、野村家の親子三代はパリで、“狂言師・究極の舞”といわれる「三番叟(さんばそう)」を日替わりで披露するという前代未聞の舞台に挑戦した。87歳にして終わりなき芸と肉体への挑戦を試みる人間国宝・万作。狂言師として歩みだしたばかりの萬斎の息子・裕基、18歳。三人三様の舞を見せ、芸の伝承に真正面から挑戦した姿に迫る。
「三番叟」は、狂言師が神のよりしろとなり五穀豊穣を願う“神秘の舞”。萬斎が狂言師となる決意をしたのは、万作の「三番叟」を見たことが大きなきっかけだった。そんな万作も87歳にして、79歳で亡くなった父・六世万蔵を超えようと意気込む。一方、裕基にとってパリで「三番叟」を披露するのは初の挑戦。そこには、狂言の精神を裕基に伝承することへの萬斎の想いがあった。そして、裕基は2人の芸を受け継ぎ、新しい世界を切り開く成長著しい姿を見せていった。
番組は、300年近くにわたる芸の伝承を行なってきた野村家の親子三代がパリでどのような“花”を咲かせ、3人の「三番叟」がパリの観客の心、そして現代にどう響くのかを目撃した。

出演

  • 野村万作
  • 野村萬斎
  • 野村裕基
  • 杉本博司
  • 亀井広忠

関連特集

日本民間放送連盟賞番組部門テレビ教養優秀受賞

関連特集

日本民間放送連盟賞番組部門テレビ教養優秀受賞

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの