{"prg_cd":"111220"}
{"prg_cd":"019361"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"100808"}
{"prg_cd":"112857"}
{"prg_cd":"021329"}
{"prg_cd":"112398"}
{"prg_cd":"113640"}
{"prg_cd":"021818"}
{"prg_cd":"112724"}
{"prg_cd":"022474"}
{"prg_cd":"113128"}
{"prg_cd":"113266"}
{"prg_cd":"022081"}
{"prg_cd":"113801"}
{"prg_cd":"113083"}
{"prg_cd":"112534"}
{"prg_cd":"112228"}
{"prg_cd":"002171"}
{"prg_cd":"020684"}
{"prg_cd":"022021"}
{"prg_cd":"016678"}
{"prg_cd":"101553"}
{"prg_cd":"105203"}
{"prg_cd":"020183"}

映画
鋼の錬金術師

鋼の錬金術師

12/20(木)午前10:25

12/26(水)午前10:30

鋼の錬金術師の異名を取る兄エドと、肉体を失い、よろいに魂を宿らせる弟アル。荒川弘の人気コミックを実写映画化、兄弟がたどる数奇な運命を描いた冒険ファンタジー。

累計7000万部を超える荒川弘のベストセラーコミックを、「ピンポン」などの曽利文彦監督が実写映画化。失った体を取り戻すために旅を続ける錬金術師の兄弟が、そのために必要不可欠とされる伝説の魔法石“賢者の石”を求めて危険に満ちた冒険を繰り広げる。天才錬金術師の兄エド役に扮したHey! Say! JUMPの山田涼介の熱演が見もの。空っぽのよろいに魂だけを定着させた弟アルはCGで描かれるが、その実物にしか見えない質感や重量感にも注目だ。共演は本田翼、ディーン・フジオカ、佐藤隆太など。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 435
鋼の錬金術師

鋼の錬金術師の異名を取る兄エドと、肉体を失い、よろいに魂を宿らせる弟アル。荒川弘の人気コミックを実写映画化、兄弟がたどる数奇な運命を描いた冒険ファンタジー。

亡くなった母親をよみがえらせるため、錬金術の禁断の技である人体錬成に挑んだ兄エドと弟アルのエルリック兄弟。だが術は失敗、代償としてエドは右腕と左脚を失い、アルは全身の肉体を失って魂だけがよろいに定着する存在となった。エドは自らの才能を過信して弟を巻き込んでしまったことに責任を感じ、国家錬金術師として各地を旅しながら、アルの肉体を取り戻すために必要な伝説の魔法石“賢者の石”を探していたのだが……。

作品データ

  • 制作年/2017
  • 制作国/日本
  • 内容時間/134分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
エド(エドワード・エルリック) 山田涼介
ウィンリィ 本田翼
マスタング大佐 ディーン・フジオカ
ホークアイ中尉 蓮佛美沙子
ショウ・タッカー 大泉洋
ヒューズ中佐 佐藤隆太
ハクロ将軍 小日向文世
ラスト 松雪泰子
アル(アルフォンス・エルリック) 水石亜飛夢

スタッフ

  • 監督
    曽利文彦
  • 脚本
    曽利文彦
  • 脚本
    宮本武史
  • 撮影
    橋本桂二
  • 音楽
    北里玲二
  • 音楽
    森悠也ほか

関連特集

メガヒットスペシャル[邦画編]

邦画のヒット作・話題作をまとめてオンエア

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

平日夜は最新映画を楽しもう。

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

メガヒットスペシャル[邦画編]

邦画のヒット作・話題作をまとめてオンエア

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

平日夜は最新映画を楽しもう。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの