{"prg_cd":"113514"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"112857"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"111509"}
{"prg_cd":"113137"}
{"prg_cd":"112795"}
{"prg_cd":"113829"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113833"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"108366"}
{"prg_cd":"112964"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"112309"}
{"prg_cd":"110586"}

ステージ
近松心中物語 いのうえひでのり×堤真一×宮沢りえ

近松心中物語
現在、放送予定はありません。

蜷川幸雄の名作が、人気演出家いのうえひでのりの手でよみがえる。堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子ら豪華出演陣が現代に問い掛ける究極の愛の物語。

物語は2組の男女の心中を描いているが、今作では忠兵衛を映像作品でも大活躍の堤真一、遊女・梅川を第25回読売演劇大賞の大賞と最優秀女優賞を受賞した宮沢りえが演じ、死に向かって疾走する愛を現代の観客の胸に問い掛ける。もう1組は夫婦でありながら心中の道を選ぶ与兵衛とお亀。心中に乗り気ではない与兵衛に池田成志、心中に憧れるお亀に小池栄子という芸達者な2人が会場を爆笑の渦に巻き込む。限りなく美しい舞台の後ろにある切なさ、人間くささが浮き彫りになるいのうえ版は、まさしく現代の「近松心中物語」だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
近松心中物語

蜷川幸雄の名作が、人気演出家いのうえひでのりの手でよみがえる。堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子ら豪華出演陣が現代に問い掛ける究極の愛の物語。

劇団☆新感線主宰・いのうえひでのりが、新演出で挑む秋元松代作の「近松心中物語」。「近松心中物語」といえば1979年の初演以来、蜷川幸雄の代表作として名高い不朽の名作。蜷川は、この作品が様式化されることを潔しとせず、終生衰えることなく作品に情熱を傾け続けた。その情熱を胸に挑んだいのうえは伝説の作品をダイナミックによみがえらせた。
【ストーリー】
飛脚屋亀屋の養子忠兵衛(堤真一)は、店の奉公人が拾った封書に1分の金が入っていたため、差出人である遊郭の主人・槌屋平三郎(小野武彦)を訪ねる。堅物で遊郭など興味のない忠兵衛は、封書を手渡すとすぐに店を出るが、そこで遊女の梅川(宮沢りえ)と遭遇。一目惚れした2人は無言で見つめ合う。そして、忠兵衛は取り付かれたように梅川を追い求め店の中へと消えて行った。
ある日、忠兵衛は梅川に身請け話が持ち上がったことを知る。自分が先に名乗り出たいものの、自由になる金がない。そこで、手付金だけでも借りようと幼なじみである小道具商傘屋の婿養子・与兵衛(池田成志)を頼ることに。同情した与兵衛はなんと店の金を手渡す。槌屋で無事手付金を支払い安堵したのもつかの間、忠兵衛と梅川に新たな難題が。一方、店の金に手を付けたことで家を出た与兵衛と彼の後を追う妻のお亀(小池栄子)。逃避行へと向かう男女2組の運命は?

収録日・収録場所

  • 2018年1月31日/東京 新国立劇場 中劇場

出演

  • 堤真一
  • 宮沢りえ
  • 池田成志
  • 小池栄子
  • 市川猿弥
  • 立石涼子
  • 小野武彦
  • 銀粉蝶

スタッフ

  • 秋元松代
  • 演出
    いのうえひでのり
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの