{"prg_cd":"107480"}
{"prg_cd":"014160"}
{"prg_cd":"112998"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113210"}
{"prg_cd":"112085"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"112086"}
{"prg_cd":"110965"}
{"prg_cd":"110869"}
{"prg_cd":"111711"}
{"prg_cd":"113370"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113400"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113412"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112450"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112323"}
{"prg_cd":"112718"}
{"genre_cd":"01"}

映画
暗黒女子

暗黒女子
現在、放送予定はありません。

千眼美子、飯豊まりえ、清野菜名などの若手女優陣が豪華共演した学園ミステリー。カリスマ的人気を誇る女子高生の怪死をきっかけに、その仲間たちの心の闇が暴かれる。

秋吉理香子の同名小説を、「MARS~ただ、君を愛してる~」の耶雲哉治監督が映画化。女子高の文学サークルを舞台に、飯豊演じるいつみの謎の死をめぐり、メンバーたちの人間模様が綴られる。前半では千眼演じる小百合を司会に、メンバーの自作小説を朗読することで登場人物たちの境遇、そして、いつみとの関わりが描かれていく。だが小百合以外の朗読が終わる後半から予想を覆す展開となり、怒濤の結末に驚かされることになるだろう。千眼と飯豊、そして清野菜名、平祐奈ほか、女優陣の演技合戦はまさに圧巻だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
暗黒女子

千眼美子、飯豊まりえ、清野菜名などの若手女優陣が豪華共演した学園ミステリー。カリスマ的人気を誇る女子高生の怪死をきっかけに、その仲間たちの心の闇が暴かれる。

良家の令嬢が通う聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、生徒たちの憧れだったいつみが校舎の屋上から転落し、謎の死を遂げる。やがて、彼女が会長を務めていた文学サークルの誰かが殺したのではという噂が立つように。いつみの親友で、会長の座を引き継いだ小百合は、各自が創作した小説を発表し合う定例会のテーマを急遽、“いつみの死”に変更。定例会は明かりを消した部屋で闇鍋を食べることから始まるが……。

作品データ

  • 制作年/2017
  • 制作国/日本
  • 内容時間/105分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
澄川小百合 千眼美子
白石いつみ 飯豊まりえ
高岡志夜 清野菜名
ディアナ・デチェヴァ 玉城ティナ
小南あかね 小島梨里杏
二谷美礼 平祐奈
北条先生 千葉雄大

スタッフ

  • 監督
    耶雲哉治
  • 脚本
    岡田麿里
  • 撮影
    中山光一
  • 音楽
    山下宏明

関連特集

平日夜は最新映画!

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 「君の膵臓が

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2018/06/22 12:39

    たべたい」同様、登場人物達の口調がどうにもこうにも薄ら寒い。この世界観に開始早々うんざり。しかし、雑炊・・・じゃなくてw膵臓が面白かったので、辛抱して見てみる・ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

平日夜は最新映画!

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの