{"prg_cd":"113443"}
{"prg_cd":"113305"}
{"prg_cd":"112689"}
{"prg_cd":"112710"}
{"prg_cd":"112218"}
{"prg_cd":"113755"}
{"prg_cd":"113242"}
{"prg_cd":"113454"}
{"prg_cd":"012846"}
{"prg_cd":"011337"}
{"prg_cd":"012095"}
{"prg_cd":"112301"}
{"prg_cd":"112685"}
{"prg_cd":"108351"}
{"prg_cd":"113244"}
{"prg_cd":"060466"}
{"prg_cd":"022673"}
{"prg_cd":"013498"}
{"prg_cd":"019948"}
{"prg_cd":"108602"}
{"prg_cd":"100758"}
{"prg_cd":"102009"}
{"prg_cd":"112003"}
{"prg_cd":"112632"}
{"prg_cd":"111779"}

映画
愛を綴る女

愛を綴る女

1/21(月)深夜1:00

運命の恋に一途に憧れるヒロインを「マリアンヌ」のM・コティヤールが体当たりで熱演。そんな彼女が最後にたどり着く真実の愛を切なく描いた、観客の胸を揺さぶる感動作。

情熱的な恋に憧れながらも、なかなか運命の相手が現われず、親の決めた相手と意に染まぬ結婚をするはめとなった美しいヒロイン。やがて彼女は、アルプスの療養所で負傷した魅力的な将校と巡り会い、ついに長年待ち望んだ運命の恋が到来したと心をときめかせるのだが…。世界の20カ国以上で翻訳されたM・アグスの小説「祖母の手帖」をもとに、一途で情熱的なヒロインをフランスの人気実力派女優コティヤールが体当たりで熱演。第42回セザール賞では、作品賞、主演女優賞をはじめ、計8部門にノミネートされた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 247
愛を綴る女

運命の恋に一途に憧れるヒロインを「マリアンヌ」のM・コティヤールが体当たりで熱演。そんな彼女が最後にたどり着く真実の愛を切なく描いた、観客の胸を揺さぶる感動作。

1950年代、南仏の小さな村で暮らすガブリエル。美しい彼女は、片想いの恋に破れてちょっとした騒ぎを巻き起こし、親から押し付けられる形で、スペイン出身の寡黙な季節労働者ジョゼと意に染まぬ結婚をするはめに。夫に対する愛情が湧かないまま妊娠して流産したドミニカは、腎臓結石と診断されてアルプスの療養所でしばらく静養するうち、戦争で負傷した若い将校アンドレと出会い、彼こそ運命の相手だと心をときめかせる。

作品データ

  • 原題/Mal de pierres
  • 制作年/2016
  • 制作国/フランス/ベルギー
  • 内容時間(字幕版)/121分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ガブリエル マリオン・コティヤール
アンドレ・ソヴァージュ ルイ・ガレル
ジョゼ アレックス・ブレンデミュール
アデル ブリジット・ルアン
ジャニーヌ ヴィクトワール・デュボワ

スタッフ

  • 監督
    ニコール・ガルシア
  • 製作
    アラン・アタル
  • 脚本
    ジャック・フィエスキ
  • 脚本
    ニコール・ガルシア
  • 脚本協力
    ナタリー・カルテール
  • 撮影
    クリストフ・ボーカルヌ
  • 音楽
    ダニエル・ベンバートン

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの