映画
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

11/27(火)午前9:35

12/27(木)午前5:35

独身女性の悩み多き日常をリアルかつユーモラスに描いて人気のベストセラー小説を、R・ゼルウィガー主演で映画化した「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの第3作。

第2作から12年ぶりに作られた、人気ロマンティックコメディシリーズの第3作である話題作。ヒロインのブリジットが12年間、彼女なりに人生経験を重ねてきたことを明かしながら、いまだに夢見るブリジットが第1作のころからぶれず、シリーズ初参加のP・デンプシー(ドラマ「グレイズ・アナトミー」)が演じるイケメンのジャックや、第1・2作に続いてC・ファースが演じるマークとどう人間関係を築くかを真正面から描いており、第3作として十分に楽しめる仕上がりだ。監督はシリーズ第1作のS・マグワイア。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 313
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

独身女性の悩み多き日常をリアルかつユーモラスに描いて人気のベストセラー小説を、R・ゼルウィガー主演で映画化した「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの第3作。

独身女性ブリジットは43歳になり、元恋人マークはほかの女性と結婚し、別の元恋人ダニエルは飛行機事故でこの世を去ってしまう。そんなブリジットはTVのニュース番組のプロデューサーとして成功を収めていたが、恋人がいないことに寂しさを感じていた。ある日、年下の同僚から誘われてロックフェスに行き、そこで知り合ったジャックと肉体関係を持ってしまう。その直後、ブリジットは妻と離婚協議中のマークと再会するが……。

作品データ

  • 原題/Bridget Jones's Baby
  • 制作年/2016
  • 制作国/イギリス/フランス/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/123分
  • 内容時間(吹替版)/123分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ブリジット レニー・ゼルウィガー
マーク コリン・ファース
ジャック パトリック・デンプシー
ブリジットの父親コリン ジム・ブロードベント
ブリジットの母親パメラ ジェマ・ジョーンズ
ドクター・ローリングス エマ・トンプソン

スタッフ

  • 監督
    シャロン・マグワイア
  • 製作
    ティム・ビーヴァン
  • 製作
    エリック・フェルナー
  • 製作
    デブラ・ヘイワード
  • 原案
    ヘレン・フィールディング
  • 脚本
    ヘレン・フィールディング
  • 脚本
    エマ・トンプソン
  • 脚本
    ダン・メイザー
  • 撮影
    アンドリュー・ダン
  • 音楽
    クレイグ・アームストロング

関連特集

メガヒットスペシャル[洋画編]

洋画の大ヒット作をなんと50本もオンエア

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

平日夜は最新映画を楽しもう。

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ面白かったです^^

    • ★★★★☆
    • ISHU
    • 2018/10/10 21:43

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

メガヒットスペシャル[洋画編]

洋画の大ヒット作をなんと50本もオンエア

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

平日夜は最新映画を楽しもう。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの