{"prg_cd":"111466"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"112309"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113025"}
{"prg_cd":"112794"}

映画
暗黒街(2015)

暗黒街(2015)
現在、放送予定はありません。

2011年11月、ベルルスコーニ政権終了直前1週間のイタリアを舞台に、マフィア、政治家、聖職者などが入り乱れて繰り広げる、欲望の争いを描いたノワールアクション。

ベルルスコーニ首相が退陣を表明した2011年11月12日までの1週間、トラブルを起こした与党議員がそのもみ消しを図った影響で、マフィア、政治家、聖職者などが利権を争う模様を、スタイリッシュな映像で描写。登場人物が多いので導入部には戸惑うかもしれないが、複雑な人間関係ゆえの予想できない逆転劇が展開。イタリアの美女たちのエロティシズムも見ものだ。出演は「天使と悪魔」などのP・ファヴィーノなど。S・ソッリマ監督は本作で手腕を認められ、「ボーダーライン」の続編の監督に抜擢された。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
暗黒街(2015)

2011年11月、ベルルスコーニ政権終了直前1週間のイタリアを舞台に、マフィア、政治家、聖職者などが入り乱れて繰り広げる、欲望の争いを描いたノワールアクション。

“ピッポ”と呼ばれる与党の大物議員マルグラーディは売春婦2人と遊ぶが、売春婦のひとりは麻薬で命を落とし、“ピッポ”はもうひとりの売春婦に遺体の始末を依頼。売春婦の友人アルベルトが始末するが、アルベルトはそれをネタに“ピッポ”をゆすり、ある港町オスティアをカジノにする開発計画の利権を求める。“ピッポ”は同僚議員にもみ消しを依頼し、やり手のギャングが動きだすが、アルベルトの兄は別組織のギャングで……。

作品データ

  • 原題/Suburra
  • 制作年/2015
  • 制作国/イタリア/フランス
  • 内容時間(字幕版)/136分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
マルグラーディ ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
セバスティアーノ エリオ・ジェルマーノ
“サムライ” クラウディオ・アメンドラ
アウレリアーノ(ナンバー8) アレッサンドロ・ボルギ
アルベルト ジャコモ・フェラーラ

スタッフ

  • 監督
    ステファノ・ソッリマ
  • 製作総指揮
    マッテオ・デ・ラウレンティス
  • 製作
    リカルド・トッツィ
  • 製作
    マルコ・キメンツ
  • 製作
    ジョヴァンニ・スタビリーニほか
  • 原案
    ジャンカルロ・デ・カタルド
  • 原案
    サンドロ・ペトラリア
  • 原案
    カルロ・ボニーニほか
  • 脚本
    ジャンカルロ・デ・カタルド
  • 脚本
    サンドロ・ペトラリア
  • 脚本
    カルロ・ボニーニほか
  • 撮影
    パオロ・カルネラ
  • 音楽
    パスクァーレ・カタラーノ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの