映画
ザ・ボディガード(2017)

ザ・ボディガード(2017)
現在、放送予定はありません。

組織の命令に背き、本来は殺害の標的だった女子高生の守護天使となって決死の逃避行を続ける殺し屋を「アバター(2009)」のS・ワーシントンが演じたアクション。

ひと足先に惨殺された両親に続いて、海外に留学していて運よく危難を逃れた女子高生の命を奪うよう、組織から指令を受けた凄腕の殺し屋。そんな彼が、一転して女子高生のボディーガードとなり、なお彼らに執拗に迫り来る組織の追っ手をかわしながら、決死の逃避行を繰り広げるさまを、「ターミネーター3」のJ・モストウ監督が、手に汗握るアクション満載でスリリングに綴る。ワーシントンが主演に加えて自ら共同製作も兼ねるほか、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」の注目の新星O・ラッシュが、フレッシュな好演を披露。

My番組登録者数
  • 0
ザ・ボディガード(2017)

組織の命令に背き、本来は殺害の標的だった女子高生の守護天使となって決死の逃避行を続ける殺し屋を「アバター(2009)」のS・ワーシントンが演じたアクション。

マフィアのボス、リチャードは、組織の金をひそかに着服して自らの口座に移し替えていた弁護士のマーティンとその妻を惨殺。彼らの娘のエラは、海外の高校に留学していてかろうじて危難を逃れることに。リチャードは、彼女の命も消すべく、殺し屋のルーカスをエラのもとへ差し向ける。しかし、ルーカスは組織の命令に背いて、一転してエラの守護天使となり、なおも彼らに迫り来る組織の追っ手をかわしながら決死の逃避行を続ける。

作品データ

  • 原題/The Hunter's Prayer
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ/スペイン/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ルーカス サム・ワーシントン
エラ・ハットー オデイア・ラッシュ
リチャード アレン・リーチ
マーティン・ハットー イーベン・ヤング
パメラ・ハットー ステファニー・ドゥーリー

スタッフ

  • 監督
    ジョナサン・モストウ
  • 製作
    ナヴィド・マッキルハージー
  • 製作
    アンソニー・ルーレン
  • 製作
    サム・ワーシントンほか
  • 脚本
    ジョン・ブランカトー
  • 脚本
    マイケル・フェリス
  • 撮影
    ホセ・ダビ・モンテーロ
  • 音楽
    フェデリコ・フシド

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • アホ過ぎるバカ娘とジャンキーのボディーガード

    • ★★★★☆
    • Hdmaster
    • 2018/06/15 15:01

    アイドルと彼氏のことしかアタマに無い、アホ過ぎるバカな娘を必死に守る守り手をイライラしつつ見るのはありきたりなパターンなのだが まずまず面白く視れました。 途中 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの