{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"112630"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"112668"}
{"prg_cd":"113800"}
{"prg_cd":"112714"}
{"prg_cd":"112766"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"112309"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113250"}

ステージ
マチュー・ガニオ パリ・オペラ座の頂

マチュー・ガニオ パリ・オペラ座の頂

9/30(日)午後2:30

10/24(水)午前9:30

パリ・オペラ座の“顔”として全世界から注目を集めるバレエダンサー、マチュー・ガニオの魅力に迫るドキュメンタリー。

日本のバレエファンからも人気が高く、2018年1月に来日公演も行なったマチュー・ガニオは、1984年フランスのマルセイユ生まれ。両親も元ダンサーのバレエ一家だ。7歳でバレエを始めた彼は1992年からマルセイユ国立バレエ学校に通い、1999年にパリ・オペラ座バレエ学校への入学を果たす。2001年にパリ・オペラ座バレエ団に入団すると瞬く間に頭角を現わし、2002年に群舞の中で中心的な役割を務めることができる“コリフェ”、2003年にソリストの“スジェ”に昇格。“プルミエ・ダンスール”のランクを経ることなく2004年に「ドン・キホーテ」で“エトワール”に指名されたのは、わずか20歳のときのことだった。それ以降、東京バレエ団での「眠れる森の美女」に客演するなど世界各地での公演に参加している。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 237
マチュー・ガニオ パリ・オペラ座の頂

パリ・オペラ座の“顔”として全世界から注目を集めるバレエダンサー、マチュー・ガニオの魅力に迫るドキュメンタリー。

世界3大バレエ団の一角を占めるといわれるパリ・オペラ座バレエ団。そこに所属するダンサーの中でも最高位である“エトワール”のひとり、マチュー・ガニオの魅力に迫る。
彼は2005年に「ラ・シルフィード」で優秀なバレエ関係者に贈られるロシアの賞、ブノワ賞を受賞し、今や世界から注目を集めるダンサーとして活躍している。映画監督のマレーネ・イヨネスコが、そんな彼の魅力をつぶさに撮影し、本人や関係者の証言、公演やリハーサルの模様から、マチュー・ガニオのダンサーとしての軌跡をたどる。番組は、マチューが属するパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督オーレリー・デュポンを訪問。彼女から、マチューの素顔について聞く。また、アニエス・ルテステュ、イザベル・シアラヴォラ、ドロテ・ジルベールら新旧のエトワールや、ウィリアム・フォーサイス、イジー・キリアーン、ウェイン・マクレガーら著名な振付家にもインタビューを行なう。さらに、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「ラ・シルフィード」、モダンバレエ作品など彼の公演の映像をふんだんに紹介し、現在のロマンティック・バレエ最高のエトワールといわれるマチューの才能をつまびらかにしていく。
このほか、2016-17シーズンの海外公演や2017年10月にパリで勅使川原三郎の振り付けで舞った公演の模様も紹介する。成熟した技術と人間性を兼ね備えたマチューの姿を伝える。(2017年)

出演

  • マチュー・ガニオ

スタッフ

  • 監督
    マレーネ・イヨネスコ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの