{"prg_cd":"110697"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"112309"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113025"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"112794"}

映画
サラエヴォの銃声

サラエヴォの銃声
現在、放送予定はありません。

「ノー・マンズ・ランド」のD・タノヴィッチ監督がサラエヴォの地で繰り返される歴史的悲劇を描き、第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)に輝いた群像劇。

1914年、第1次世界大戦勃発の引き金となる政治的暗殺事件が起きた因縁の場所、サラエヴォ。ヨーロッパの複雑で入り組んだ政治情勢の混迷と矛盾を集約した象徴的な都市である同地を舞台に、タノヴィッチ監督が息詰まる群像劇を構築。サラエヴォ事件の100周年の記念式典が行なわれる国際的ホテルで、お互いに立場の異なる複数の人々が対立と葛藤劇を繰り広げるさまを重層的かつスリリングに描き、国際的に高い評価を得た。出演は、本作のもととなったB=H・レヴィの舞台劇にも出演したJ・ウェベールほか。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
サラエヴォの銃声

「ノー・マンズ・ランド」のD・タノヴィッチ監督がサラエヴォの地で繰り返される歴史的悲劇を描き、第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)に輝いた群像劇。

第1次世界大戦勃発の引き金となる政治的暗殺事件がサラエヴォの地で起きてから、ちょうど100年後の2014年6月28日。同地にある某ホテルでは、事件から100周年を迎える記念式典の準備に追われていた。屋上で、歴史学者らが事件を検証するTV番組のインタビューに応じる一方、その舞台裏では、給料の未払いに不満を募らせた従業員たちがひそかにストを計画。それを力ずくで防ごうと、支配人は卑劣な手段に訴え出て…。

作品データ

  • 原題/Smrt u Sarajevu
  • 制作年/2016
  • 制作国/フランス/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
  • 内容時間(字幕版)/85分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第66回(2016)ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)
  • 第66回(2016)ベルリン国際映画祭国際映画批評家連盟賞

出演

役名 役者名
ジャック ジャック・ウェベール
ラミヤ スネジャナ・ヴィドヴィッチ
オメル イズディン・バイロヴィッチ
ヴェドラナ ヴェドラナ・セクサン
ガヴリロ・プリンツィプ ムハメド・ハジョヴィッチ

スタッフ

  • 監督
    ダニス・タノヴィッチ
  • 製作
    フランソワ・マルゴラン
  • 製作
    アムラ・バクシッチ・チャモ
  • 脚本
    ダニス・タノヴィッチ
  • 撮影
    エロル・ズブツェヴィッチ
  • 音楽
    ミルザ・タヒロヴィッチ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの