{"prg_cd":"112190"}
{"prg_cd":"113362"}
{"prg_cd":"113109"}
{"prg_cd":"106001"}
{"prg_cd":"018939"}
{"prg_cd":"100145"}
{"prg_cd":"105246"}
{"prg_cd":"020929"}
{"prg_cd":"021287"}
{"prg_cd":"011985"}
{"prg_cd":"018535"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113024"}
{"prg_cd":"113167"}
{"prg_cd":"113561"}
{"prg_cd":"112725"}
{"prg_cd":"113106"}
{"prg_cd":"113050"}
{"prg_cd":"112720"}
{"prg_cd":"111715"}
{"prg_cd":"112959"}
{"prg_cd":"113247"}
{"prg_cd":"113549"}

映画
クーリンチェ少年殺人事件

クーリンチェ少年殺人事件

10/16(火)午前5:00

ひとりの少年が衝撃的な殺人事件を起こすに至るさまを、今は亡き台湾の天才映画作家E・ヤンが破格のスケールで鮮烈に描き、世界中を驚嘆させた現代映画の金字塔的傑作。

今は亡き台湾の天才映画作家ヤンが、1960年代初頭の台北で実際に起きた14歳の少年による殺人事件を、当時の台湾社会の時代や政治状況も踏まえつつ、壮大なスケールの群像劇として映画化。光と闇が強烈なコントラストを成す先鋭的でスタイリッシュな視覚表現や、思春期の少年少女たちが織り成す鮮烈なドラマは、一躍世界中の観客に衝撃を与え、第28回台湾金馬奨の作品賞、脚本賞をはじめ、国内外で数々の賞を受賞。2015年の釜山国際映画祭で発表された「アジア映画ベスト100」では第7位に選出された。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 142
クーリンチェ少年殺人事件

ひとりの少年が衝撃的な殺人事件を起こすに至るさまを、今は亡き台湾の天才映画作家E・ヤンが破格のスケールで鮮烈に描き、世界中を驚嘆させた現代映画の金字塔的傑作。

1960年代初頭の台北。14歳の少年シャオスーの通う夜間中学では、不良少年たちが複数の組織に分かれて対立し合い、シャオスーは“小公園”と呼ばれる組織に属する一方、悪友たちとバンドを組んで音楽活動にも励んでいた。“小公園”の本来のボス、ハニーがある事件を起こして逃走・潜伏している間に、組織内での跡目争いや敵対組織との抗争も激化する中、シャオスーはハニーの恋人のシャオミンに次第に恋心を抱くようになる。

作品データ

  • 原題/Gu ling jie shao nian sha ren shi jian
  • 制作年/1991
  • 制作国/台湾
  • 内容時間(字幕版)/237分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
シャオスー チャン・チェン
シャオミン リサ・ヤン
シャオスーの父 チャン・クオチュー
シャオスーの母 エイレン・チン
ワンマオ ワン・チーザン
ハニー リン・ホンミン

スタッフ

  • 監督
    エドワード・ヤン
  • 製作
    ユー・ウェイエン
  • 脚本
    エドワード・ヤン
  • 脚本
    ヤン・ホイヤー
  • 脚本
    ヤン・シュンチンほか
  • 撮影
    チャン・ホイゴン

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • やっと観ることができた

    • ★★★★★
    • ウォルシュ
    • 2018/05/27 14:49

    初公開から25年、伝説的な作品をやっと鑑賞することができて感謝、感動。 しかも3時間56分版。インターミッションのないほぼ4時間の上映時間にもかかわらず、飽きる 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの