{"prg_cd":"111917"}
{"prg_cd":"109950"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"114312"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113680"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"114622"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"114068"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113486"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"114169"}
{"prg_cd":"113448"}
{"prg_cd":"114578"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113868"}
{"prg_cd":"113406"}
{"prg_cd":"113307"}
{"prg_cd":"114172"}

映画
エゴン・シーレ 死と乙女

エゴン・シーレ 死と乙女
現在、放送予定はありません。

20世紀前半のウィーンを舞台に活躍し、わずか28歳でこの世を去った夭折の天才画家E・シーレ。彼の短くも波乱に富んだスキャンダラスな生涯を鮮烈に描いた伝記ドラマ。

性愛や裸体を赤裸々に描いた独自の画風でセンセーションを巻き起こし、時代の寵児となりながらも、わずか28歳でこの世を去った異端の天才画家シーレ。4歳年下の実の妹をヌードモデルに起用したり、未成年の少女誘惑容疑とわいせつ罪で警察に拘束されるなど、スキャンダラスな事件で世間を騒がせた彼の短くも波瀾万丈の人生を、ウィーン生まれのベテラン俳優・映画監督D・ベルナーが映画化。主役に抜擢されて本作で本格的な映画デビューを飾ったモデル出身の新人俳優、N・ザーヴェトラのイケメンぶりも見もの。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
エゴン・シーレ 死と乙女

20世紀前半のウィーンを舞台に活躍し、わずか28歳でこの世を去った夭折の天才画家E・シーレ。彼の短くも波乱に富んだスキャンダラスな生涯を鮮烈に描いた伝記ドラマ。

1910年、多くの名だたる芸術家たちを輩出した名門ウィーン美術アカデミーを中退したシーレは、仲間たちと「新芸術集団」を結成。4歳年下の妹ゲルティをモデルにした裸体画を発表して頭角を現わすようになる。その後彼は、場末の演芸場に出演していたエキゾティックな美女のモアや、敬愛する師匠のクリムトから紹介された赤毛の女性ヴァリをヌードモデルに次々と作品を発表し、時代の寵児ともてはやされるようになるのだが…。

作品データ

  • 原題/Egon Schiele: Tod und M?dchen
  • 制作年/2016
  • 制作国/オーストリア/ルクセンブルク
  • 内容時間(字幕版)/110分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
エゴン・シーレ ノア・ザーヴェトラ
ゲルティ・シーレ マレジ・リークナー
ヴァリ・ノイツェル ヴァレリー・パフナー
モア・マンドゥ ラリッサ・アイミー・ブライトバッフ
エディット・ハルムス マリー・ユンク

スタッフ

  • 監督
    ディーター・ベルナー
  • 製作
    フランツ・ノヴォトニー
  • 製作
    アレクサンダー・グレーア
  • 製作
    バディ・ミンクほか
  • 脚本
    ヒルデ・ベルガー
  • 脚本
    ディーター・ベルナー
  • 撮影
    カーステン・ティーレ
  • 音楽
    アンドレ・ジェジュク

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの