{"prg_cd":"002426"}
{"prg_cd":"113145"}
{"prg_cd":"017084"}
{"prg_cd":"110629"}
{"prg_cd":"109368"}
{"prg_cd":"110993"}
{"prg_cd":"111425"}
{"prg_cd":"111960"}
{"prg_cd":"112716"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"112968"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113187"}
{"prg_cd":"021999"}
{"prg_cd":"112122"}
{"prg_cd":"108704"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"112714"}
{"prg_cd":"113137"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"112718"}

映画
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

9/27(木)午前7:00

舞台はイタリアだが日本産アニメ「鋼鉄ジーグ」のファンの少女を愛する主人公が、スーパーパワーを得て人生を再出発させようと挑む、男泣き必至のファンタジーアクション。

日本の漫画&アニメ界の巨星、永井豪らが生み出したTVアニメ「鋼鉄ジーグ」は、イタリアでは国民的人気を獲得。そんな「鋼鉄ジーグ」のファンである無垢な少女を愛する犯罪者がスーパーパワーを得たのを機に、ヒーロー道に目覚めていくという、奇抜ながら熱い興奮を味わえるのが本作。21世紀に入ってアメコミ原作の大作が人気だが、犯罪ドラマ、恋愛ドラマ、スーパーヒーロー活劇の魅力を兼ね備えた本作も要注目だ。第60回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で同年最多の16部門にノミネートされ、7部門で受賞。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 152
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

舞台はイタリアだが日本産アニメ「鋼鉄ジーグ」のファンの少女を愛する主人公が、スーパーパワーを得て人生を再出発させようと挑む、男泣き必至のファンタジーアクション。

爆弾テロが相次ぐローマ。冴えないチンピラのエンツォは警察に追われた末に潜った川底で放射性廃棄物のタンクに近づいてから体調不良に悩まされるが、自分がスーパーパワーを手に入れたと気付く。そんなエンツォと働く年上の犯罪者セルジョが麻薬取引の現場で殺される事件が起き、消えた麻薬を捜す危険なマフィア、ジンガロはセルジョの家に押し入る。エンツォは「鋼鉄ジーグ」が大好きな、セルジョの娘アレッシアを守ろうとする。

作品データ

  • 原題/Lo chiamavano Jeeg Robot
  • 制作年/2015
  • 制作国/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/118分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
エンツォ クラウディオ・サンタマリア
ジンガロ ルカ・マリネッリ
アレッシア イレニア・パストレッリ
セルジョ ステファノ・アンブロジ

スタッフ

  • 監督
    ガブリエーレ・マイネッティ
  • 製作
    ガブリエーレ・マイネッティ
  • 脚本
    ニコラ・グアリャノーネ
  • 脚本
    メノッティ
  • 撮影
    ミケーレ・ダッタナージオ
  • 音楽
    ミケーレ・ブラガ
  • 音楽
    ガブリエーレ・マイネッティ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 奇跡の融合

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2018/04/26 16:11

    鋼鉄ジーグはよく知らないが、日本のアニメがリスペクトされていて好感触。 とにかく主人公がバカ、スーパーパワーを授っても力まかせでATM、投石で輸送車、奪った金は 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの