{"prg_cd":"103985"}
{"prg_cd":"109950"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"114312"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113680"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"114622"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"114068"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"113486"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"113448"}
{"prg_cd":"114169"}
{"prg_cd":"114578"}
{"prg_cd":"113868"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113406"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113307"}
{"prg_cd":"114291"}

映画
ミモザの島に消えた母

ミモザの島に消えた母
現在、放送予定はありません。

30年前に亡くなった母親の死に隠された意外な秘密とは? 「サラの鍵」の原作者T・ド・ロネのベストセラー小説を、L・ラフィットの主演で映画化したミステリードラマ。

子どもの時に母親を亡くし、その喪失感からなお立ち直れずにいる主人公が、30年の歳月を経て母の死の真相解明に乗り出し、ついに探り当てた意外な真相とは? クリスティン・スコット・トーマス主演の映画「サラの鍵」の原作者として知られるフランスの女性作家ド・ロネが2009年に発表し、本国やアメリカでベストセラーとなった小説を、これが長編監督3作目となるF・ファヴラが、物語の舞台となる風景明媚な島の魅力も活用しながらムード満点に映画化。共演は「イングロリアス・バスターズ」のM・ロラン。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ミモザの島に消えた母

30年前に亡くなった母親の死に隠された意外な秘密とは? 「サラの鍵」の原作者T・ド・ロネのベストセラー小説を、L・ラフィットの主演で映画化したミステリードラマ。

フランス西部、大西洋に浮かぶ美しい小島、ノワールムティエ島で、クラリスという若い母親が命を落とすことに。それから30年、彼女の遺児で40歳となったアントワーヌは、今なお母の死とうまく折り合いをつけることが出来ず、鬱々とした苦悩の日々を送っていた。仕事がうまくいかず、妻子との結婚生活も破綻してしまった彼は、妹のアガットを伴って故郷の島を久々に再訪し、謎めいた母の死の真相解明にあらためて乗り出す。

作品データ

  • 原題/Boomerang
  • 制作年/2015
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
アントワーヌ ロラン・ラフィット
アガット メラニー・ロラン
アンジェル オドレイ・ダナ
クラリス ガブリエル・アジェ
ブランシュ ビュル・オジエ

スタッフ

  • 監督
    フランソワ・ファヴラ
  • 製作
    フランソワ・クロス
  • 製作
    ドゥニ・ピノ=ヴァランシエンヌ
  • 脚本
    フランソワ・ファヴラ
  • 脚本協力
    エマニュエル・クールコル
  • 撮影
    ロラン・ブリュネ
  • 音楽
    エリック・ヌヴー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ヒチコック仕立てのサスペンスの復活か?

    • ★★★★★
    • かまちゃん12号
    • 2017/08/10 20:36

    母の死から30年。40歳になったアントワーヌと35歳のアガットの兄妹。何故母は、ミモザの咲く小島で溺死してしまったのか。久しぶりに再会した2人は、ジワジワと手探 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの