{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"002881"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113400"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113412"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112450"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112323"}
{"prg_cd":"113210"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111313"}
{"prg_cd":"113177"}
{"prg_cd":"112208"}
{"prg_cd":"112533"}
{"prg_cd":"113025"}
{"prg_cd":"113125"}
{"genre_cd":"01"}

映画
CUTIE HONEY-TEARS-

CUTIE HONEY-TEARS-
現在、放送予定はありません。

西内まりやが映画初主演で、時代を超えた人気を誇るヒロインを演じたSFアクション。美しきアンドロイドと新型アンドロイドによる、人類の未来を懸けた戦いが始まる。

アニメと漫画で人気を博した永井豪の名作「キューティーハニー」を、若い女性を中心に人気を誇る西内主演で2度目の実写映画化。「ブレードランナー」「ターミネーター」などのハリウッドの傑作SFを意識した世界観で、西内演じるアンドロイド瞳が葛藤しながらも戦いに挑んでいく姿を描く。CGを駆使したスタイリッシュな映像は、アメコミの実写映画化に代表される昨今のヒーロー映画とも共通している。瞳の敵となる新型アンドロイドのジルを演じる石田ニコルとの“究極の美女バトル”が最大の見どころだ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
CUTIE HONEY-TEARS-

西内まりやが映画初主演で、時代を超えた人気を誇るヒロインを演じたSFアクション。美しきアンドロイドと新型アンドロイドによる、人類の未来を懸けた戦いが始まる。

富裕層が暮らす上層階と、貧困層が暮らす下層階に分断された近未来。下層階の人々は、上層階から垂れ流される汚染物質にまみれて暮らしていた。そんなある日、女性型アンドロイドの瞳が下層階に落下してくる。彼女は生みの親である如月博士から実の娘の記憶を移植された、感情を持つアンドロイドだった。瞳は新聞記者の早見や下層階のレジスタンスとの出会いを重ね、世界を支配する新型アンドロイドのジルに立ち向かっていく。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/93分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
如月瞳/キューティーハニー 西内まりや
ジル 石田ニコル
早見青児 三浦貴大
浦木一仁 高岡奏輔
木村龍太 永瀬匡
清瀬由紀子 今井れん
如月博士 岩城滉一

スタッフ

  • 監督
    A.T.
  • 監督
    ヒグチリョウ
  • 脚本
    中澤圭規
  • 脚本
    田中靖彦
  • 撮影
    大塚雄一郎
  • 音楽
    北里玲二

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 暗くて陰気なキューティーハニー

    • ★★☆☆☆
    • jun市
    • 2018/01/01 16:02

    「ブレードランナー」を意識したのかスモークに暗い街が舞台になっている。(予算も掛かっていなそうなセット。なるべくCGですまそうとしているのか)大人を意識したハー 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの