{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113660"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"112801"}
{"prg_cd":"112448"}
{"prg_cd":"112308"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"111509"}
{"prg_cd":"112725"}
{"prg_cd":"113178"}
{"prg_cd":"113300"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113116"}

映画
ジュリエッタ

ジュリエッタ
現在、放送予定はありません。

「オール・アバウト・マイ・マザー」の名匠P・アルモドバル監督が1組の母娘が織り成す切ない愛憎劇の行方をカナダの女性作家A・マンローの連作短編をもとに描く感動作。

かつて自分の前から突然姿を消した愛娘の消息を知人から不意に聞かされ、動揺を隠せない中年女性のジュリエッタ。果たして彼女たち母子の過去に何が? 「オール・アバウト・マイ・マザー」で知られるスペインの巨匠アルモドバル監督が、2013年にノーベル文学賞を受賞したカナダの女性作家マンローの連作短編3編を、彼ならではの女性賛歌を織り交ぜながら繊細かつ情感豊かに映画化。タイトルロールのヒロインの若き日と現在を、注目の新進女優A・ウガルテとベテランのE・スアレスがともに好演するのも見もの。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ジュリエッタ

「オール・アバウト・マイ・マザー」の名匠P・アルモドバル監督が1組の母娘が織り成す切ない愛憎劇の行方をカナダの女性作家A・マンローの連作短編をもとに描く感動作。

スペインの首都マドリードでの長年のひとり暮らしに別れを告げ、恋人のロレンソと海外に移住する計画を進めていた中年女性のジュリエッタ。ところがある日彼女は、旧知の女性から、最近あなたの娘を見かけたと知らされ、大きな衝撃を覚える。実は彼女には、周囲に隠していた過去の秘密があった。12年前、娘のアンティアが突如自分の前から姿を消してしまったのだった。かくして彼女は、封印していた過去と向き合う決意を固める。

作品データ

  • 原題/Julieta
  • 制作年/2016
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/99分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
現在のジュリエッタ エマ・スアレス
若き日のジュリエッタ アドリアーナ・ウガルテ
ショアン ダニエル・グラオ
アバ インマ・クエスタ
ロレンソ ダリオ・グランディネッティ

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作
    アグスティン・アルモドバル
  • 製作
    エステル・ガルシア
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    ジャン=クロード・ラリュー
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 映像も構成も見事でした

    • ★★★★☆
    • lunalovegood
    • 2017/12/15 13:38

    先に観た夫が「これ、良かったよ」と言うけど映画の趣味が違う私は期待もせず、スペインの巨匠・アルモドバルの作品とも知らず、録画を消す前にチラッと見るだけー、と思っ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの