映画
帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー
現在、放送予定はありません。

2014年にタイムスリップしたヒトラーが社会に物申す? ヒトラー本人がモノマネ芸人として人気を博すのだが? 日本でもスマッシュヒットしたシニカルコメディ。

世界中でベストセラーとなったT・ヴェルメシュの小説をD・ヴネント監督が映画化。O・マスッチ演じるヒトラーがF・ブッシュ演じるザヴァツキとドイツ中を駆け巡る前半は実在の有名人や政治家、ネオナチと顔を合わせ、アドリブも交えたドキュメンタリータッチで、ヒトラーの時代と現代とのカルチャーギャップで笑わせる。一方彼の人気が出てくる後半では雰囲気が一変。ジワジワとくる怖さに思わず背筋がゾッとする。外見から喋り方、細かい仕草まで、ヒトラーが乗り移ったようなマスッチのなり切りぶりがみごと。

My番組登録者数
  • 0
帰ってきたヒトラー

2014年にタイムスリップしたヒトラーが社会に物申す? ヒトラー本人がモノマネ芸人として人気を博すのだが? 日本でもスマッシュヒットしたシニカルコメディ。

TV業界で働くザヴァツキは、ヒトラーそっくりな男性と出会う。男性は実はタイムスリップしてきたヒトラー本人だが、モノマネ芸人と勘違いしたザヴァツキは彼とドイツ中を駆け巡り、人々と語る姿を撮影する。さらにザヴァツキは自分をクビにした副局長にヒトラーを出演させないかと持ち掛ける。その話を聞いた局長のベリーニがヒトラーを人気風刺番組に出演させると、ヒトラーは芸人顔負けの大胆さで人気を集めていくのだが……。

作品データ

  • 原題/Er ist wieder da
  • 制作年/2015
  • 制作国/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/116分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
アドルフ・ヒトラー オリヴァー・マスッチ
ファビアン・ザヴァツキ ファビアン・ブッシュ
クリストフ・ゼンゼンブリンク クリストフ・マリア・ヘルプスト
カッチャ・ベリーニ カッチャ・リーマン
フランツィスカ・クレマイヤー フランツィスカ・ヴルフ
キオスクの主人 ラース・ルドルフ

スタッフ

  • 監督
    ダーヴィト・ヴネント
  • 製作
    クリストフ・ムーラー
  • 製作
    ラース・ディトリッヒ
  • 脚本
    ダーヴィト・ヴネント
  • 脚本
    ミッツィ・マイヤーほか
  • 撮影
    ハンノ・レンツ
  • 音楽
    エニス・ロトホフ

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ヒトラーは死んだのか?

    • ★★★☆☆
    • やまたのぱぱ
    • 2018/04/30 10:19

    独裁者ヒトラーの礼賛ではないのだが、同時に現在の人類への皮肉になっている。ノーベル平和賞の候補に北朝鮮や米国の指導者が挙がる激動の時代に、人類はヒトラーを否定す 続きを読む

  • 面白い!ヒトラーが好きになった。

    • ★★★★★
    • Hdmaster
    • 2017/08/03 11:55

    今のメルケル首相を揶揄してドイツファーストを掲げる現代に来たヒトラー 彼の政治理念には一点の曇りも無く、安倍晋三にも爪の垢を煎じて飲ませたいほどブレがない。 ト 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの