ドラマ
ドラマW 稲垣家の喪主

ドラマW 稲垣家の喪主

広末涼子、バカリズム、森山未來らで贈る第9回シナリオ大賞受賞作品。未婚の伯母と叔父を結婚させようと、子どもたちが奮闘する、笑って泣けるホームコメディ。

あがり症で悩む小学2年生の男の子を主人公に、彼を取り巻く伯母、叔父、両親、祖母らが織り成す群像劇。
選考委員長を務めた映画監督の崔洋一は、本作について「少々小生意気で小心者の子どもが主人公であり、その家族が彩りと群像劇を構成するのだが、くすりとくる温かい笑いを評価したい」とコメント。
オーディションで主人公役に大抜擢された金成祐里が、少し心配性で心優しい7歳の少年を演じ切った。また、主人公の二世帯住宅で同居する元キャリアウーマンで“独身”の人情が厚い伯母役に広末涼子、売れない漫画家で“独身”の少年の心を持った叔父役に森山未來、主人公の少年が大人になった役にバカリズムなど豪華俳優陣が集結。監督は映画『ハンサム★スーツ』や『ヒロイン失格』、2017年9月公開の『トリガール!』など心温まるコメディを手掛けてきた英勉が務める。

My番組登録者数
  • 224
ドラマW 稲垣家の喪主

広末涼子、バカリズム、森山未來らで贈る第9回シナリオ大賞受賞作品。未婚の伯母と叔父を結婚させようと、子どもたちが奮闘する、笑って泣けるホームコメディ。

プロ、アマ問わず脚本家の発掘・育成、そして受賞作品の映像化を目的に創設されたWOWOWシナリオ大賞。424編から選ばれた第9回大賞受賞作品の小山ゴロ脚本「稲垣家の喪主」をドラマ化。家族ならではの確かな絆が根底に横たわるが故に、たとえ憎まれ口をたたいてもどこかコミカルで笑って泣けるホームコメディ。(2017年)
【ストーリー】
小学2年生の稲垣宙太(金成祐里)は猛烈なあがり症で、散々つらい想いをしてきた。ある日、ジイジの葬儀のとき、喪主の挨拶で緊張のあまりしどろもどろになる父親の姿を目の当たりにした宙太は悟る。
「ぼくのあがり症は、遺伝だったんだ」
自分が喪主の挨拶をするのはまだ先の話、そう思っていた宙太だが、ある事実に気付く。宙太の家には元キャリアウーマンの伯母・杏子(広末涼子)と、売れない漫画家の叔父・脩二(森山未來)が同居している。2人は、結婚どころか、相手もいなく、作ろうともしない。このままだと、杏子と脩二の喪主もやることに!?事の重大さに焦った宙太は、杏子の見合い話が両親のもとに届いたのを千載一遇のチャンスと捉え、自分の誕生日会で2人を引き合わせようとする。さらに、脩二には結婚したはずの同級生の女性が目の前に現われる。果たして、宙太は杏子と脩二を結婚させ、将来、待ち受ける喪主の挨拶を回避できるのか。

出演

  • 金成祐里
  • 広末涼子
  • 吉沢悠
  • 松本若菜
  • 原田佳奈
  • 紺野まひる
  • バカリズム
  • デビット伊東
  • 佐藤貴史
  • 篠原ゆき子
  • 角替和枝
  • 森山未來

スタッフ

  • 脚本
    小山ゴロ
  • 監督
    英勉
  • 音楽
    加藤久貴

関連特集

WOWOWシナリオ大賞受賞作一挙放送

関連特集

WOWOWシナリオ大賞受賞作一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの