{"prg_cd":"113030"}
{"prg_cd":"113083"}
{"prg_cd":"112210"}
{"prg_cd":"112325"}
{"prg_cd":"114026"}
{"prg_cd":"101516"}
{"prg_cd":"113651"}
{"prg_cd":"010105"}
{"prg_cd":"108008"}
{"prg_cd":"020685"}
{"prg_cd":"002702"}
{"prg_cd":"019313"}
{"prg_cd":"112120"}
{"prg_cd":"112796"}
{"prg_cd":"112090"}
{"prg_cd":"112851"}
{"prg_cd":"112534"}
{"prg_cd":"112205"}
{"prg_cd":"113028"}
{"prg_cd":"113193"}
{"prg_cd":"112717"}
{"prg_cd":"112767"}
{"prg_cd":"010791"}
{"prg_cd":"113763"}
{"prg_cd":"112723"}

映画
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

12/16(日)よる7:00

12/21(金)午後3:00

G・バンサンの名作絵本をもとにした長編アニメ。クマのアーネストとネズミの女の子セレスティーヌ、ふたりの出会いと、騒動を通じて友情を育む様子を温かく綴る。

ベルギー生まれの絵本作家G・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズをもとに、フランスで映画化した長編アニメ。大きなクマのアーネストおじさんと、小さなネズミの少女セレスティーヌ、固い絆で結ばれたふたりはどうやって一緒に暮らすようになったのか。絵本版とはまた違ったふたりの出会いの物語が明かされる。原作の世界観を大切にした心温まるストーリーが、やはり原作の美しい絵柄を再現する水彩画風のタッチで描かれた秀作となり、第86回アカデミー賞では長編アニメ賞にノミネートされた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 495
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

G・バンサンの名作絵本をもとにした長編アニメ。クマのアーネストとネズミの女の子セレスティーヌ、ふたりの出会いと、騒動を通じて友情を育む様子を温かく綴る。

地下のネズミと地上のクマが嫌い合う世界。ある日、身寄りのないネズミの女の子セレスティーヌは、地上に来たもののクマに追われ、逃げ込んだゴミ箱の中で眠り込んでしまう。一方、貧しい音楽家のクマのアーネストは、空腹のあまりゴミ箱をあさり、セレスティーヌを発見する。セレスティーヌは、自分を食べないでいてくれたらいちばん欲しいものをあげるとアーネストに約束し、ふたりは行動をともにすることになるのだが……。

作品データ

  • 原題/Ernest et Celestine
  • 制作年/2012
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/80分
  • 内容時間(吹替版)/80分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名
アーネスト ランベール・ウィルソン
セレスティーヌ ポーリーン・ブロナー
院長先生 アン=マリー・ループ
ジョルジュ パトリス・メレネック
リュシエンヌ ブリジット・ヴィルトゥーデ
クマ裁判長 フェオドール・アトキン

スタッフ

  • 監督
    バンジャマン・レネール
  • 監督
    ステファヌ・オビエ
  • 監督
    ヴァンサン・パタール
  • 製作
    ディディエ・ブリュネール
  • 製作
    ヴァンサン・タヴィエほか
  • 脚本
    ダニエル・ペナック
  • 音楽
    ヴァンサン・クルトワ

関連特集

ファミリーシアター

家族みんなで楽しめる邦画・吹替映画が登場

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ファミリーシアター

家族みんなで楽しめる邦画・吹替映画が登場

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの