{"prg_cd":"108826"}
{"prg_cd":"111291"}
{"prg_cd":"114574"}
{"prg_cd":"113377"}
{"prg_cd":"114823"}
{"prg_cd":"114324"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113878"}
{"prg_cd":"114044"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113881"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"114606"}
{"prg_cd":"114214"}
{"prg_cd":"113914"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113747"}
{"prg_cd":"114840"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"112632"}
{"prg_cd":"114822"}
{"prg_cd":"114270"}
{"prg_cd":"113986"}

映画
サスペクツ・ダイアリー

サスペクツ・ダイアリー
現在、放送予定はありません。

かつて父親に虐待された苦い体験を持つ作家が、とある裁判を傍聴していく過程で、自らの過去と和解していくさまを、J・フランコの主演と共同製作で綴った人間ドラマ。

作家のS・エリオットが自らの実体験を綴った回想録を重層的なタッチで映画化した、異色の人間ドラマ。彼の映画監督デビュー作「チェリーについて」にも出演したフランコが、自ら共同製作も兼ねて悩める主人公を熱演するほか、ジョニー・デップとの離婚騒動で世間を騒がすA・ハードや、E・ハリス、C・スレイターら、豪華多彩なキャストが集結。監督は、やはりフランコ主演・共同製作のオムニバス映画「スパークリング・デイズ」に参加した新進女性監督P・ロマノウスキー。WOWOWの放送が日本初公開。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
サスペクツ・ダイアリー

かつて父親に虐待された苦い体験を持つ作家が、とある裁判を傍聴していく過程で、自らの過去と和解していくさまを、J・フランコの主演と共同製作で綴った人間ドラマ。

幼少期に父親から虐待を受けて苦しんだ赤裸々な体験記を発表し、世間の注目を浴びた作家のスティーヴン。ところが、とある朗読会の場に、著書の中では死んだとされていた父親のニールが元気な姿で現われ、スティーヴンは一転して窮地に立たされることとなる。その一方で、折しもその頃、妻殺害の容疑で逮捕された実業家の事件に興味を覚えた彼は、その裁判を傍聴しに出掛けて美しい女性記者のラナと知り合い、彼女と恋に落ちる。

作品データ

  • 原題/The Adderall Diaries
  • 制作年/2015
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/87分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
スティーヴン・エリオット ジェームズ・フランコ
ラナ・エドモンド アンバー・ハード
ジョシュ ウィルマー・ヴァルデラマ
ハンス・ライザー クリスチャン・スレイター
ニール・エリオット エド・ハリス

スタッフ

  • 監督
    パメラ・ロマノウスキー
  • 製作
    ジェームズ・フランコ
  • 製作
    ヴィンス・ジョリヴェット
  • 製作
    ジェームズ・リーチほか
  • 脚本
    パメラ・ロマノウスキー
  • 撮影
    ブルース・ティエリー・チャン
  • 音楽
    マイケル・アンドリュース

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ人は記憶をすり替える

    • ★★★☆☆
    • herocomeon
    • 2016/09/28 11:35

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの