映画
龍三と七人の子分たち

龍三と七人の子分たち
現在、放送予定はありません。

“世界のキタノ”、北野武監督が2015年に発表した痛快コメディ。引退した元ヤクザの龍三親分(藤竜也)は、同世代の子分7人と組み、“振り込め詐欺”グループと戦う。

北野監督にとっては前作「アウトレイジ ビヨンド」から2年半ぶりとなった話題作。人気コメディアン、ビートたけしとして出演もしている北野監督は、「アウトレイジ」2部作に近いアウトローアクションの要素をはらませつつ、時代遅れの価値観を持っていたり、精神的にも肉体的にも衰えつつある老人たちが奮闘するという、そこで生じるユーモアを盛り込み、笑えてスリリングでもあるという監督らしい世界観を構築。龍三役の藤を筆頭にベテラン男優8人が醸す豊かな人間味に味わいがある一方、敵役の安田顕も魅力的。

My番組登録者数
  • 0
龍三と七人の子分たち

“世界のキタノ”、北野武監督が2015年に発表した痛快コメディ。引退した元ヤクザの龍三親分(藤竜也)は、同世代の子分7人と組み、“振り込め詐欺”グループと戦う。

70歳の龍三は、かつて“鬼の龍三”と呼ばれた元ヤクザ。だが引退した現在は息子の家族が住む家で肩身の狭い想いをしていた。ある日、“振り込め詐欺”に引っかかりそうになった龍三は、元暴走族の西が半グレ集団“京浜連合”を率い、“振り込め詐欺”などの悪徳ビジネスで荒稼ぎしていると知って憤慨。そこで龍三は昔、自分の子分として活躍したが、今はわびしい老後を送る元仲間7人を呼び集め、“京浜連合”打倒に立ち上がる。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/111分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
龍三親分 藤竜也
若頭のマサ 近藤正臣
はばかりのモキチ 中尾彬
早撃ちのマック 品川徹
ステッキのイチゾウ 樋浦勉
五寸釘のヒデ 伊藤幸純
カミソリのタカ 吉澤健
神風のヤス 小野寺昭
西(京浜連合のボス) 安田顕
村上刑事 ビートたけし

スタッフ

  • 監督
    北野武
  • 脚本
    北野武
  • 撮影
    柳島克己
  • 音楽
    鈴木慶一

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • (5-5)が(3-5)

    • ★★★☆☆
    • herocomeon
    • 2016/05/26 14:23

    …北野武監督作品は全部観ているので愉しみに観る。
      …あらすじは、WOWOWの解説の次のとおりだけでいいだろう。
      『70歳の龍三(藤竜也)は、かつて“
    続きを読む

  • あれっ?

    • ★★☆☆☆
    • 3cham
    • 2016/05/11 18:23

    北野映画にこの面々という事で、期待した分少しガッカリ!。内容的にも予測出来るもので、いつものキレが無く、全体に間延びした感じが有りました。

  • 心の底から笑った。

    • ★★★★★
    • james7
    • 2016/05/11 11:02

    久し振りに心の底から笑いました。期待していなかった分だけ余計かもしれません。殿の映画にはアレルギーがあって敬遠している所があったのですが、何気なく見だしたら、笑 続きを読む

  • バカヤロー、コノヤロー

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2016/05/09 19:08

    初期の北野作品は素晴らしかったですが、近年は今ひとつな感じ。それにコメディとなるとまるでお話にならないので、本作は期待値ゼロでの鑑賞・・・・いやはや、スイマセン 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの