{"prg_cd":"107703"}
{"prg_cd":"107704"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"113074"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"114287"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114168"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113886"}
{"prg_cd":"113643"}
{"prg_cd":"113657"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"114295"}
{"prg_cd":"114187"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"100493"}

映画
名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)
現在、放送予定はありません。

小五郎と親しい人間が次々と襲われる。狙われたのは名前に数字がつく人物。トランプになぞらえて13から順に襲われていると気付いたコナンが、犯行を止めるべく奔走する。

今回コナンは、死を暗示するスペードのカードになぞらえて、目暮十三警部=13を第1の標的に、名前に入った数字を12、11とカウントダウンしながら犯行を重ねる謎の連続襲撃犯を追う。舞台はやがて海上に建設された巨大な娯楽施設アクアクリスタルへと移り、新たな殺人劇とともに大スケールのアクションが展開する。劇場版恒例となる大爆破シーンも見どころだ。さらに事件の真相を追う中で、蘭の両親である毛利小五郎探偵と妃英理が別居している理由や、小五郎が警察を辞職した真相が明かされることも重要だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)

小五郎と親しい人間が次々と襲われる。狙われたのは名前に数字がつく人物。トランプになぞらえて13から順に襲われていると気付いたコナンが、犯行を止めるべく奔走する。

目暮警部がボウガンで何者かに撃たれる事件が起こった。そして、蘭の母・妃英理、阿笠博士も相次いで命を狙われる。犯行現場に残されたトランプの意味するものは?捜査が続けられる一方、それをあざ笑うようにターゲットを襲う犯人の魔の手、増える被害者の数、あせるコナン…。手がかりをおっていくうちに海中レストランへ辿りついたコナンたち。そこには他にも招待客が来ていた。彼らに共通するものは?犯人はこの中にいるのか?

作品データ

  • 制作年/1998
  • 制作国/日本
  • 内容時間/100分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名
江戸川コナン 高山みなみ
毛利蘭 山崎和佳奈
工藤新一 山口勝平
毛利小五郎 神谷明
目暮警部 茶風林
白鳥刑事 塩沢兼人
阿笠博士 緒方賢一
妃英理 高島雅羅

スタッフ

  • 監督
    こだま兼嗣
  • 原作
    青山剛昌
  • 脚本
    古内一成
  • キャラクターデザイン
    須藤昌朋
  • 総作画監督
    須藤昌朋
  • 音楽
    大野克夫
  • アニメーション制作
    トムス・エンタテインメント

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 次に狙われるのはだれだ!?

    • ★★★☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2017/05/05 14:28

    連続殺人(未遂)事件がトランプ氏の影響で起こっている、というオーソドックなミステリー中心だが、毛利小五郎が刑事を辞めるきっかけとなった事件や毛利夫婦が別居した 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの