ステージ
TEAM NACS「悪童」

TEAM NACS「悪童」
現在、放送予定はありません。

TEAM NACSの2015年公演。初めて外部脚本・演出に挑戦し、役者に専念した。脚本は古沢良太、演出はマギーが務め、幼なじみ5人の悪童の物語を描く。

My番組登録者数
  • 0
TEAM NACS「悪童」

TEAM NACSの2015年公演。初めて外部脚本・演出に挑戦し、役者に専念した。脚本は古沢良太、演出はマギーが務め、幼なじみ5人の悪童の物語を描く。

2016年に20周年を迎えたTEAM NACS。森崎博之をリーダーに、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真と今や全国区で活躍中の俳優から成る演劇ユニット。そんな彼らの、3年ぶりの本公演「悪童」は初の試みとして外部から脚本家、演出家を招聘した。演出はかつてコントグループ、ジョビジョバを率い、俳優、脚本、演出で活躍するマギー。脚本は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手掛けた古沢良太。
【ストーリー】
市役所勤務の西崎直樹(音尾琢真)は取り壊しが決まった廃墟にいた。かつては「レジャーセンター竜宮」として町一番の遊興施設だったが、今や見る影もない。外にはパトカーが続々集結してくる。この建物には、友人で中学時代に卓球部で一緒だった吉村雄太郎(戸次重幸)が立てこもっており、西崎は吉村を退去するよう説得するためやって来たのだった。吉村は退去の条件として、元卓球部のメンバー全員を集めるよう要求していた。
かくして、サラリーマンになった元部長の紺野治(森崎博之)、投資会社を営む元副部長の巻光博(安田顕)、画家になった江口幸一(大泉洋)が廃墟を訪ねてくる。だが、吉村は一向に立てこもった理由を明かそうとしない。当時のあだ名で呼び合う彼らはやがて昔話に花を咲かせるが、それぞれが持つ記憶の断片をつなぎ合わせていったとき、ある過去が顔をのぞかせる。

収録日・収録場所

  • 2015年9月5日/東京 EX THEATER ROPPONGI

出演

  • TEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)

スタッフ

  • 脚本
    古沢良太
  • 演出
    マギー
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの