映画
ローマの教室で 我らの佳き日々

ローマの教室で 我らの佳き日々
現在、放送予定はありません。

ローマの公立高校を舞台に、それぞれタイプの異なる3人の教師が生徒たちと織り成すさまざまな人生模様を、イタリア映画界きっての実力派キャストの競演で綴る学園ドラマ。

「ぼくの瞳の光」のG・ピッチョーニ監督が、ローマの高校で国語教師として30年以上教鞭をとる作家・詩人M・ロドリのエッセイ集をもとに、本作を映画化。教育熱心な若き国語教師に「あしたのパスタはアルデンテ」のR・スカマルチョ。彼とは対照的に、教育への情熱を失った皮肉屋の老美術史教師に「夜よ、こんにちは」のR・ヘルリッカ。そしてクールな女性校長に「はじまりは5つ星ホテルから」のM・ブイと、現代イタリア映画界きっての実力派キャストが顔をそろえ、絶妙のアンサンブルを織り成すのが見もの。

My番組登録者数
  • 0
ローマの教室で 我らの佳き日々

ローマの公立高校を舞台に、それぞれタイプの異なる3人の教師が生徒たちと織り成すさまざまな人生模様を、イタリア映画界きっての実力派キャストの競演で綴る学園ドラマ。

ジュリアーナが校長を務めるローマの公立高校に、国語の補助教員としてジョヴァンニが新たに赴任。教育熱心で理想に燃える彼だったが、彼が受け持ったクラスの生徒たちはなかなかの個性派ぞろいで、とりわけ、すぐに授業をすっぽかす女子生徒のアンジェラに手こずらされるはめに。美術史の老教師で皮肉屋のフィオリートは、「どうせ生徒たちは頭が空っぽで、いくら教えてもムダ」と、その様子を冷ややかに見守るのだが…。

作品データ

  • 原題/Il rosso e il blu
  • 制作年/2012
  • 制作国/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ジュリアーナ マルゲリータ・ブイ
ジョヴァンニ リッカルド・スカマルチョ
フィオリート ロベルト・ヘルリッカ
エレナ・トガーニ ルチア・マシーノ
アンジェラ シルヴィア・ダミーコ

スタッフ

  • 監督
    ジュゼッペ・ピッチョーニ
  • 製作
    ドナテッラ・ボッティ
  • 脚本
    ジュゼッペ・ピッチョーニ
  • 脚本
    フランチェスカ・マニエーリ
  • 撮影
    ロベルト・チマッティ
  • 音楽
    カラテロ
  • 音楽
    ラチェフ

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ逆に先生が人間としての…

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2015/11/10 14:29

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 完璧でなくとも、人は琴線に触れれば変われる。

    • ★★★★★
    • よいこままちゃん
    • 2015/11/05 00:08

    教師に影響を受ける生徒と、生徒に影響を受ける教師を丹念に描いて、かなり厳しい状況の中の教育現場でありながら、絶望でないものが感じられ、ほろ苦いながらもあったかく 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの