{"prg_cd":"113852"}
{"prg_cd":"109950"}
{"prg_cd":"114312"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"113680"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114068"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"114578"}
{"prg_cd":"114270"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"114147"}
{"prg_cd":"114622"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113702"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113878"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"110872"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"111980"}
{"prg_cd":"113406"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 日本映画を変える銃弾 納富貴久男・ガンエフェクト30年の挑戦

ノンフィクションW 日本映画を変える銃弾 納富貴久男・ガンエフェクト30年の挑戦
現在、放送予定はありません。

日本映画のガンエフェクトの分野で30年以上トップランナーとして走り続ける納富貴久男。そして今、新たな技術を確立しようとしている彼の一発の銃弾に懸ける想いに迫る。

今や国内で制作されるほとんどのアクション映画に納富貴久男の名前がクレジットされている。日本人ならではの繊細なリアル感と、安全性の高い技術はハリウッドからも注目され、日本式ガンエフェクトを取り入れた海外のガンエフェクト担当者もいるという。
そんな中、納富はまた新たな技術を確立しようとしている。一つの道を究め、一発の銃弾に全神経を集中させる緊張感の中で、さらなる進化を続ける男の苦悩と喜びを解き明かしていく中から、明日も頑張るためのヒントを見つけてほしい。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW 日本映画を変える銃弾 納富貴久男・ガンエフェクト30年の挑戦

日本映画のガンエフェクトの分野で30年以上トップランナーとして走り続ける納富貴久男。そして今、新たな技術を確立しようとしている彼の一発の銃弾に懸ける想いに迫る。

日本映画の銃撃シーンに革命を起こした男・納富貴久男(のうとみきくお 60歳)。映画に登場する銃器の取り扱いを一手に引き受け、あたかも実弾が飛んでいるかのように演出する特殊効果「ガンエフェクト」を確立した納富は、30年のキャリアを持ちながら、現在もトップランナーとして走り続けている。
2015年7月、1980年代の名作『セーラー服と機関銃』の続編映画がクランクインした。見せ場はもちろんクライマックスのガンアクション。このシーンを支えるのが、ガンエフェクトに携わる納富貴久男だ。リアルな銃器を制作し、人体から噴き出す血のりなど着弾表現を施す。海外とは違い、撮影現場で実弾は使えず、予算的にもさまざまな制約のある日本映画において、納富は欠かせない存在だ。
納富の名を世に知らしめたのが、北野武が監督を務めた『その男、凶暴につき』。重要なのは「その銃撃で何を訴えたいのか」。悲しみか、憎しみか、それによって火炎、血のりの噴き出し方を微妙に変え、納富流の死生観を表現した。今回、『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』では、新たな効果を模索し、事務所や河川敷で実験を続けた。日本のガンエフェクトがまた一歩前進できると考える納富の、開発から撮影までの緊張の日々を伝える。(2016年)
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの