メニュー

映画
博士と彼女のセオリー

博士と彼女のセオリー

7/7(木)午後3:00

7/16(土)午後6:20

“車椅子の天才物理学者”S・ホーキング博士と妻ジェーンの愛の実話を映画化。博士役のE・レッドメインが第87回アカデミー賞主演男優賞を受賞した感動の伝記ドラマ。

理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、ベストセラー「ホーキング、宇宙を語る」などで現代宇宙論に多大な影響を与えた天才ホーキング博士の実話を「マン・オン・ワイヤー」のJ・マーシュ監督が映画化。主演レッドメインはホーキング博士と同じ運動ニューロン疾患の患者との対面や、医師の指導などを受け徹底した役作りで博士役に臨んだという。容姿までもが博士本人にそっくりなことにも驚かされる。加えF・ジョーンズが好演した、妻ジェーンの強さと何ごとにも前向きな姿勢にも共感させられるだろう。

My番組登録者数
  • 431
博士と彼女のセオリー

“車椅子の天才物理学者”S・ホーキング博士と妻ジェーンの愛の実話を映画化。博士役のE・レッドメインが第87回アカデミー賞主演男優賞を受賞した感動の伝記ドラマ。

1963年のイギリス。ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究するホーキングは、パーティーで魅力的な女性ジェーンと出会う。ユーモアのセンスが似通っている2人はたちまち意気投合し、舞踏会の夜に満点の星空の下でキスを交わす。だが、ホーキングは何もないところで転んだり、チョークを持つ手が震えるなど体に変化が起きる。運動ニューロン疾患と診断されて悲観する彼だったが、ジェーンは彼を支えようと強く決心する。

作品データ

  • 原題/The Theory of Everything
  • 制作年/2014
  • 制作国/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/124分
  • 内容時間(吹替版)/124分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第87回(2014)アカデミー賞主演男優賞「エディ・レッドメイン」

出演

役名 役者名
スティーヴン・ホーキング エディ・レッドメイン
ジェーン・ホーキング フェリシティ・ジョーンズ
ジョナサン・ヘリヤー・ジョーンズ チャーリー・コックス
ベリル・ワイルド エミリー・ワトソン
フランク・ホーキング サイモン・マクバーニー
デニス・シアマ デヴィッド・シューリス

スタッフ

  • 監督
    ジェームズ・マーシュ
  • 製作
    ティム・ビーヴァン
  • 製作
    エリック・フェルナーほか
  • 脚本
    アンソニー・マクカーテン
  • 撮影
    ブノワ・ドゥローム
  • 音楽
    ヨハン・ヨハンソン

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 切ないラブストーリー

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2016/03/17 09:58

    スティーブン・ホーキング博士の元妻ジェーン・ホーキングさんが書いた自伝の映画化です。以前実話の映画と言えば意外にあっさりしてる作品が多かった印象があるが去年くら 続きを読む

  • ネタバレホーキング成り切り度が凄い

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2016/03/10 13:26

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 人生どう展開するかわからない,必要なのはパートナー

    • ★★★★☆
    • タカシータ
    • 2016/01/31 13:01

    主人公が学生時代にALSという難病を患い,余命わずかと宣告されたにもかかわらず,彼を支え続けたのは,パートナーであるジェーンの献身的な愛のおかげである。まずこの 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの