映画
百円の恋

百円の恋
現在、放送予定はありません。

現代日本映画界きっての若手実力派女優、「かぞくのくに」「0.5ミリ」の安藤サクラが、本作では女性ボクサー役に挑んで渾身の熱演を見せ、またもや絶賛を浴びた感動作。

今は亡き名優・松田優作の出身地である山口県の周南映画祭で創設された脚本賞、「松田優作賞」の第1回グランプリに輝いた足立紳のオリジナル脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化。ひょんなことから一念発起して女性ボクサーを目指す人生遅咲きのヒロインを、いまや若手実力派女優No.1の安藤サクラが、オーディションで役を射止めた末、最後まで必死に闘い抜く女の底力を熱く体現。第88回キネマ旬報ベスト・テンほかで、「0.5ミリ」と合わせて多くの主演女優賞に輝いた。共演は新井浩文。

My番組登録者数
  • 0
百円の恋

現代日本映画界きっての若手実力派女優、「かぞくのくに」「0.5ミリ」の安藤サクラが、本作では女性ボクサー役に挑んで渾身の熱演を見せ、またもや絶賛を浴びた感動作。

実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた32歳の独身女性・一子は、離婚して子連れで実家に戻ってきた妹の二三子と入れ替わるようにして家を出、百円ショップで深夜に働きながらひとり暮らしを始める。そんな彼女にとって、近所のボクシングジムで黙々と練習に励むボクサー、狩野の姿を仕事の行き帰りに眺めるのがいつしか日々のささやかな楽しみとなっていた。やがて彼女は、店の客として訪れた狩野と付き合うようになり…。

作品データ

  • 制作年/2014
  • 制作国/日本
  • 内容時間/114分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
斎藤一子 安藤サクラ
狩野 新井浩文
斎藤佳子 稲川実代子
斎藤二三子 早織
岡野淳 宇野祥平

スタッフ

  • 監督
    武正晴
  • 脚本
    足立紳
  • 撮影
    西村博光
  • 音楽
    海田庄吾

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • ネタバレそれでいいのさ

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2015/09/24 15:43

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 脇役陣も強烈でした

    • ★★★★☆
    • 1ミリフィルム
    • 2015/09/13 14:18

    主演・安藤サクラの素晴らしさ&面白さは言わずもがな、次々に登場する脇役も強烈なインパクトのある人がそろっていました。エロオヤジ根性丸出しの先輩店員(坂田聡)、コ 続きを読む

  • 安藤サクラは見逃せない!

    • ★★★★☆
    • よいこままちゃん
    • 2015/09/11 07:44

    安藤サクラさん、すごい!自堕落でふてくされたニート女性、圧巻でした。ボクサーへの変貌も見事で恰好良かった!ただ、ボクサーの修業をはじめるきっかけにもうちょっと納 続きを読む

  • 安藤サクラ すごい!

    • ★★★★★
    • 風祭タッキー
    • 2015/09/09 04:15

    v(。・ω・。)とにかく安藤サクラがすごかった。ほんとに実力派だと思う。あと、この女優さんわ、少し、肝い、というかエキセントリックなキャラクターを演じるのがとて 続きを読む

  • HYAKU IEN Baby

    • ★★★☆☆
    • ロンチャン
    • 2015/09/08 10:45

    初めて、”現代日本映画界きっての若手実力派女優”と言われる「安藤サクラ」作品を観た。ほか弁屋の実家でニート生活を送っている32歳の独身女性役が妙に説得力があった 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの