{"prg_cd":"110392"}
{"prg_cd":"112849"}
{"prg_cd":"113375"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113520"}
{"prg_cd":"113151"}
{"prg_cd":"113200"}
{"prg_cd":"113845"}
{"prg_cd":"114209"}
{"prg_cd":"113991"}
{"prg_cd":"111160"}
{"prg_cd":"113642"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"114206"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"113253"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113252"}
{"prg_cd":"113992"}
{"prg_cd":"113127"}

映画
トワイライト ささらさや

トワイライト ささらさや
現在、放送予定はありません。

新垣結衣と大泉洋共演の心温まるヒューマンドラマ。突然の交通事故で、美しい妻と生まれたばかりの息子を残して死んだ落語家の霊が、他人に乗り移って妻子を見守る。

加納朋子のベストセラー小説を「先生と迷い猫」の深川栄洋監督が映画化。落命した主人公ユウタロウの霊が乗り移る人々を演じる俳優陣は、ユウタロウ役の大泉が事前に演じた映像を見て、動きのクセなどを練習した上で役に当たったという。そのため、大泉自身の登場場面こそ多くないものの、逆に彼の存在感が大きく浮かび上がることになった。一方、次第に母親としての強さを身に付けていくサヤを演じた新垣のりんとした美しさも魅力たっぷり。そんな彼女を囲む波乃久里子ら、ベテラン女優たちの名演も味わい深い。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
トワイライト ささらさや

新垣結衣と大泉洋共演の心温まるヒューマンドラマ。突然の交通事故で、美しい妻と生まれたばかりの息子を残して死んだ落語家の霊が、他人に乗り移って妻子を見守る。

売れない落語家ユウタロウは、これからという時に事故で他界してしまった。妻のサヤと赤ん坊の息子ユウスケが心残りで成仏できず、彼は幽霊として2人を見守ることに。その矢先、絶縁していた彼の父が現われ、自分の跡継ぎにと強引にユウスケを奪おうとする。やむなくユウタロウは落語の師匠に乗り移り、サヤに町を出るようささやきかける。その後もユウタロウはさまざまな人の体を借りながら、サヤとユウスケを支えるのだが……。

作品データ

  • 制作年/2014
  • 制作国/日本
  • 内容時間/116分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
サヤ 新垣結衣
ユウタロウ 大泉洋
佐野 中村蒼
久代 波乃久里子
珠子 藤田弓子
ユウタロウの父 石橋凌
お夏 富司純子

スタッフ

  • 監督
    深川栄洋
  • 脚本
    山室有紀子
  • 脚本
    深川栄洋
  • 撮影
    安田光
  • 音楽
    平井真美子

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • なるほどね~、納得

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/09/30 15:51

    …あらすじは解説のとおりと書くような内容はなく、巷にゴロゴロ転がっているゴーストものだった。
      冒頭、売れない落語家のユウタロウ(大泉洋)が次のように語る。
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの